Service

事業内容

面白くて斬新なコンテンツ作りにこだわる

市場ニーズの変化とプラットフォームの進化に対応し、
元気らしさを詰め込んだコンテンツを作り出しています。

元気のゲーム事業

設立当初より、プラットフォームやプレイスタイルの枠にとらわれず様々なコンテンツの企画・開発・販売・運営を行っています。
幅広いノウハウと得意分野を持つ社員が在籍しており、自社タイトルから受託までオリジナリティ溢れる提案力と高い技術力でクライアントから評価を受けています。

パブリッシングと受託開発

レースゲームを始め、RPGや剣術アクションなど、幅広いジャンルのゲーム制作を手掛けています。家庭用ゲーム機からアーケード、アプリまで、扱うプラットフォームも様々です。

パブリッシング

首都高バトルXTREME

湾岸ミッドナイト

剣豪3

© 2007 GENKI/原作/楠みちはる「湾岸ミッドナイト」
(講談社『ヤングマガジン』連載)/© 楠みちはる/講談社
© 2004 GENKI

過去の作品をもっと見る

受託開発

グリムノーツ Repage

© 2016 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD.
All Rights Reserved.

仮面ライダー シティウォーズ

配信元:株式会社バンダイナムコエンターテインメント
©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映ビデオ・東映
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

開発タイトル内訳(2016年〜2018年)

自社タイトル/受託タイトル

開発機種

ジャンル

開発の流れ

01 企画書

ゲーム制作は、核となるコンセプトや類似作品と差別化するためのアイディア等を検討し、企画書にまとめることから始まります。元気では検討の際、希望者全員でブレストを行うこともあります。

02 試作版

企画が通るとディレクターを中心にプランナー・デザイナー・プログラマでプロジェクトチームを結成し、ゲームのメインとなる部分を抜き出した試作版を作って本当に面白いかを確認します。

03 本制作α版

試作版にOKが出ると人数を増やして本制作に入ります。本制作ではゲームの構成要素が一通り入ったα版を作成します。毎週会議を行い、進捗や気づいたことを共有、改善しながら進めます。

04 本制作β版

α版が完成したらデバッグを始めます。発見された不具合の修正と並行して、α版で見つかった改善点の反映や細かいバランス調整等を行い、より品質を向上させたβ版を作成します。

05 デバッグマスター版

引き続きデバッグを行い、バグをすべて取り除いたマスター版を作成します。

06 リリース運営

マスター版が完成したらいよいよリリース。スマホゲームでは、ここから定期的にイベント開催やアプリ改善をしながら、長く楽しんでもらえるよう運営していくフェーズに移ります。