menu

PS2アーカイブス

スペシャルインタビュー「玉繭物語2 ~滅びの蟲~」第三回

玉繭物語

玉繭物語

■発売日 1998年12月03日
■ジャンル 冒険活劇RPG
■著作権表記 (C)1998 GENKI
■ゲーム概要
「アルカナの呪い」によって生まれた忌まわしき魔物、「森のしもべ」に人々はおびえ、戦いながらも森と共に生きてきた。 だがある日滅びの虫オニブブによって村人は眠りの病に冒されてしまう。レバントは村人を救うため、巨木の森へ旅立ってゆく。
キャラクターデザインは、「魔女の宅急便」のキャラクターデザイン・作画監督で知られる近藤勝也氏が担当。ナレーションに俳優の三國連太郎氏が参加。

ゲームアーカイブス

■発売日 2008年6月11日
■販売価格 617円(税込)
■URL 商品紹介 :PlayStation.com
販売ページ:PlayStation Store
玉繭物語2

玉繭物語2 ~滅びの蟲~

■発売日 2001年8月30日
■ジャンル RPG
■著作権表記 (C)2001 GENKI
■ゲーム概要
レバントに憧れる少年“カフー”が、妖精“ニコ”とともに、自らにかかった呪いを解くため4つの『オーブ』を求めて異次元の森に旅立つ。
前作同様近藤勝也氏がキャラクターデザインを担当。
氏の手によるいきいきとしたキャラクター達が、幻想的な森を舞台に物語を紡ぐ。

PS2アーカイブス

■発売日 2015年4月15日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 :PlayStation.com
販売ページ:PlayStation Store

スタッフ/田村
■元気株式会社:デザイナー
■経歴:
ゲームもロクに知らず、某大手ゲーム会社の2次募集に「飛行機代出してくれるらしいからタダで東京いってくる」という不純な目的で応募し上京。
ついでにラクガキを見せたらアラ不思議・・・・・その年の春にはあっという間にゲームグラフィッカーの出来上がり。
その後創業メンバーの一人として元気に加わりかれこれ25年が経ちました。相変わらず描いております。

インタビュアー:はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■経歴:
高校卒業して別に大学行く頭無かったんでニート。ゲーム買う金が無くなったので本屋でフリーター。
いいかげん就職しないとと思った22歳のある日、週5日制の番組制作会社でADになり月休み半日の生活に。
なんだかんだあって会社辞めて印刷技術必須の募集条件をぶっちぎって元気に入社。
アシスタントプロデューサーだったり広報だったりtwitterの中の人だったりユーサポだったり・・・・要するに雑用係。

最初は全然ちがうゲームだったわけです(二度目)

はまち:
それで、この「玉繭物語」が終わって、「玉繭物語2~滅びの蟲~」(以下、「玉繭物語2」)に流れていく。
田村:
はい。
はまち:
この間って・・・・・、何年くらいですかね?
田村:
結構、間髪入れずに・・・・・。
はまち:
あっ、そうですね。
田村:
制作に時間がね、玉繭物語2はちょっとかかってるんですよ。さっきもボツ原稿があるって言ってたけど、全然別の話を一本作ってたんですよ。
はまち:
別の話ですか?
田村:
そっちはもう・・・・・戦争モノだったの。
はまち:
おおおおぅ。
田村:
あの、おっきい国が三国あって、そこが戦ってる話だったの。
はまち:
・・・・・(風の谷の)ナウシカじゃないですか(笑)。
田村:
そういう話だったんだけど、いろいろバトルシステムを担当していたプランナーが当時いたんだけど、ここがまぁ・・・・・いろいろひと悶着すったもんだあって、バトルシステムがガラッと変わることになって。
はまち:
はい。
田村:
ちょっとまって、(そのバトルシステムだと)話変えなきゃならないじゃんって・・・・・。
はまち:
それじゃ、もう戦争できないよって?
田村:
そう。最初ね、ドラゴンに皆乗ってたし。ドラゴン育成ゲームだったし。
はまち:
おーーーー・・・・・。ドラゴンはこのゲームに最終的には・・・出て・・・?
田村:
まぁドラゴン種は居るけど、一番最初のプロットのお話だと主人公は全員ドラゴンに騎乗してて・・・・・それを育てたり合成したりして育てる話だったんだよね。
はまち:
なるほど。
田村:
パートナーのドラゴンとの物語だったんだよね。
はまち:
なんでそれはやめちゃったんですか?
田村:
それはバトルシステムがダメだって話になって、それで元の育成モンスターをデッキ組んで戦うタイプに変えようっていう。
はまち:
形になっちゃったと。
田村:
だったら、まぁデッキを組む世界観で話を作り替えた方がいいだろうということで。だから近藤さんには登場キャラクターもかなり描いてもらってたんだけど。
・・・・・全部ボツにして(笑)。
はまち:
えーーーっ(驚)!!
田村:
やりなおし。
はまち:
えーーっ(悲)!
田村:
今じゃ、考えられん作り方だよね。
はまち:
近藤さん、だって「玉繭物語」の時もひどい目あってるじゃないですか。全ボツですか!?
田村:
全ボツ。
はまち:
かぁーー・・・・・。
田村:
ま、一部ちょっとカスタマイズと言うかチューニングして使いなおしたけど、ほとんどボツ。
はまち:
魔攻陣のデッキを組むというのを活かさんがために・・・・・。
田村:
シナリオは変えて。
はまち:
それで、せっかく描いてもらったデザインも捨てて。
田村:
捨てて・・・・・。
はまち:
ひどい話ですね(苦笑)。
田村:
ひどいっすよもう・・・・・本当に。

カフーとドラゴンの物語・・・・・どんなお話だったんでしょうね。

企業ロゴというのは使用ルールが厳しく決まっている、はず、たぶん

はまち:
実は、この玉繭物語が出てたことは僕は知ってたんですね。買ったくらいなんで。
田村:
あぁ・・・・・はいはい。現役のプレイヤーの時。
はまち:
えぇ、現役の消費者の時に。そしてその後玉繭物語2が出たことを全然知らなかったんですよ。
田村:
あらっ!それは、まずいっすねぇ・・・・・(笑)。
はまち:
そうなんですよ実は。
2001年なんですよね玉繭物語2の発売は。2001年の時は私はもう働いてたのかな…?それもあるのかもしれないんですけど、実は、その・・・・知らなかったんですよね。
田村:
うーん・・・・結構、CM作ったしそれなりにやってたんだけど・・・・・。
認知されなかったのはなにがまずかったんですかねぇ・・・・・。
はまち:
CM入社してから見ました。4パターンだかなんだか結構なパターンがありましたね。
田村:
そう!モーションアニメの。
はまち:
はい。
田村:
コマ撮りアニメーションを作ってもらっていました。
はまち:
その上であの元気のロゴが卵から産まれるという(笑)。
田村:
あれも、スタジオ行ってモーション撮りのところで「あぁしたい」「こうしたい」とかいろいろやりましたね。
はまち:
このころの元気のロゴというのはCMでよくひどい目に合っていて。
田村:
あぁ!ぶった斬られたり、轢かれたり(笑)。
はまち:
そうですね。ドーン揺れて(笑)
田村:
そうそうそう。
はまち:
ロゴの端っこが凹むっていう。ひどい話ですねぇ(笑)。
田村:
むちゃくちゃだよ。
はまち:
むちゃくちゃでした。
はまち:
玉繭物語2は玉繭物語とは一応つながりあるんですよね。スタートはなんかレバントが出てましたし・・・・・。
田村:
そう。玉繭物語の主人公レバントが2の師匠になる。
はまち:
そうですよね。あのー、玉繭物語をやってから玉繭物語2を見たときに「なんて遊びやすいんだろう」と。
田村:
(苦笑)
玉繭物語2はよりゲーム的にして遊びやすいようにって。
はまち:
メニューといい分かりやすいし、やりやすいし。
田村:
流行り廃りよりは遊びやすさを優先して・・・・・。
はまち:
実はインタビュー前の準備として「玉繭物語」をやるばっかりに「玉繭物語2」をまだやってないんですよ(笑)。
田村:
ゲームはね「玉繭物語2」の方が面白いですよ。魔攻陣ももしかしたら今のスマートフォンアプリ向きかもしれないし。
はまち:
そうですね。
田村:
あのー・・・デッキ組んで回してターンを消費するパターンって本当に片手でできますからね。
はまち:
あーうまくやれそうですね。
田村:
うん。あと、プランナーの子が「玉繭物語2貸して」って。「え?どうするの?」って聞いたら「なんかちょっと・・・・・企画を」って言ってたんで。どうぞどうぞと。
はまち:
言ってましたねぇ。
田村:
ダチョウ倶楽部なみに「どうぞどうぞ」と(笑)。
はまち:
来ましたよ私たちのセクションのユーザーサポートのところに「ソフトをかしてくれ」って。やはり「どうぞどうぞ」と(笑)。
田村:
あぁあぁはいはい。
はまち:
(WEB担当の)彼女がどうぞどうぞと。
WEB担:
攻略本も付けてどうぞどうぞと。
はまち:
挙句の果てに「近藤さんとはナシがついてるから」って(笑)。
田村:
「ナシ」って(笑)。

にょきにょき。(ブラウン管テレビの画面を撮影しております)

ずるり。(なぜならCMのデータが記録されているのがビデオテープだったから!)

信頼関係があったからこそなんです

はまち:
・・・・・ところで文句言わないんですか?全部って・・・・
田村:
なにが?
はまち:
ボツになったって・・・・・近藤さん。
田村:
あぁもう、その時は残念だよねぇっていう話はしたんだけど、ただまぁ・・・・・ね。
あの人やっぱ世界観の必然性とかそういうのをすごくこだわる人なので、(世界観が)つながらないものを作ってもしょうがない。
で、玉繭物語から玉繭物語2になるときもちょっとキャラをデフォルメしてるんですよ。
はまち:
はい。
田村:
それも、玉繭物語の時の自分の絵がポリゴンになったところを見て、あぁいう風にポリゴン数制限されたり、デフォルメするんだったら無理に7頭身でやんないで、例えば「太陽の王子 ホルスの大冒険」(1968年公開、東映アニメーション)とか昔のアニメーションみたいなちょっときゅっと詰まった感じのデフォルメにして、ポリゴン化しやすくすればいいじゃんっていう話とか・・・・・割とつっこんだ必然性をもうちょっと追っかける方向で。
はまち:
なるほど。
田村:
で、あの人の絵ってちゃんとしたリアル頭身の、特に女性描写とかが素晴らしくて、昔からの近藤さんのファンはもっと写実的な方向性を求めるんですよ。
玉繭物語の時も近藤さんをかわいがってらしたどっかの会社のすんごく偉い人から「ちょっと、呑みに来い」って呼び出しを食らって「ウチの近藤になにしてくれてるんだ」って。
はまち:
コワイコワイコワイ。
田村:
コワイコワイコワイ。
一同:
コワイコワイコワイコワイ(笑)。
田村:
高い酒を煽られるわ、なんか説教されるわ。どういうこと!?コレ!?って(笑)。
はまち:
その高い酒はそうとう苦いですね(笑)。
田村:
最悪だった。で、さんざん言われたけど、近藤さんと二人でコンセンサスの取れたうえでこっちに行こうという話でやっていますのでお互いちゃんとわかってやっていますよ。って話はしたんだけど・・・・・。
はまち:
そうですかぁ・・・・・玉繭物語と玉繭物語2への違いは確かに・・・・・。

聖魔を育てて配置を考えデッキを作成・・・・・ちょっとちょっとプランナーさーん!
(新作の予定は未定です。)

第四回へつづく・・・・・・・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加