menu

PS2アーカイブス

スペシャルインタビュー「玉繭物語2 ~滅びの蟲~」第二回

玉繭物語

玉繭物語

■発売日 1998年12月03日
■ジャンル 冒険活劇RPG
■著作権表記 (C)1998 GENKI
■ゲーム概要
「アルカナの呪い」によって生まれた忌まわしき魔物、「森のしもべ」に人々はおびえ、戦いながらも森と共に生きてきた。 だがある日滅びの虫オニブブによって村人は眠りの病に冒されてしまう。レバントは村人を救うため、巨木の森へ旅立ってゆく。
キャラクターデザインは、「魔女の宅急便」のキャラクターデザイン・作画監督で知られる近藤勝也氏が担当。ナレーションに俳優の三國連太郎氏が参加。

ゲームアーカイブス

■発売日 2008年6月11日
■販売価格 617円(税込)
■URL 商品紹介 :PlayStation.com
販売ページ:PlayStation Store
玉繭物語2

玉繭物語2 ~滅びの蟲~

■発売日 2001年8月30日
■ジャンル RPG
■著作権表記 (C)2001 GENKI
■ゲーム概要
レバントに憧れる少年“カフー”が、妖精“ニコ”とともに、自らにかかった呪いを解くため4つの『オーブ』を求めて異次元の森に旅立つ。
前作同様近藤勝也氏がキャラクターデザインを担当。
氏の手によるいきいきとしたキャラクター達が、幻想的な森を舞台に物語を紡ぐ。

PS2アーカイブス

■発売日 2015年4月15日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 :PlayStation.com
販売ページ:PlayStation Store

スタッフ/田村
■元気株式会社:デザイナー
■経歴:
ゲームもロクに知らず、某大手ゲーム会社の2次募集に「飛行機代出してくれるらしいからタダで東京いってくる」という不純な目的で応募し上京。
ついでにラクガキを見せたらアラ不思議・・・・・その年の春にはあっという間にゲームグラフィッカーの出来上がり。
その後創業メンバーの一人として元気に加わりかれこれ25年が経ちました。相変わらず描いております。

インタビュアー:はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■経歴:
高校卒業して別に大学行く頭無かったんでニート。ゲーム買う金が無くなったので本屋でフリーター。
いいかげん就職しないとと思った22歳のある日、週5日制の番組制作会社でADになり月休み半日の生活に。
なんだかんだあって会社辞めて印刷技術必須の募集条件をぶっちぎって元気に入社。
アシスタントプロデューサーだったり広報だったりtwitterの中の人だったりユーサポだったり・・・・要するに雑用係。

やはりゲームは当時の世相が色濃く反映されるわけです

はまち:
インタビューするにあたって「玉繭物語」改めてやったんですよ。
「玉繭物語」の方は、実はその当時ゲームが出て、買って、積んでしまったんで終わらせてないんですよ(苦笑)
田村:
(苦笑)
そりゃぁ・・・・まぁ、はい。・・・・・操作しにくいんですよねこれ。
はまち:
そうなんですよ。コレ。操作が初期のバイオハザード(発売元:CAPCOM)方式なんですよ。移動するにはまず進みたい方向にキャラを向かせてから、方向キーを押すという。
田村:
「玉繭物語」の操作系は、ぶっちゃけ僕は大反対だったんで。
はまち:
なぜ、こう・・・・・このゲーム性でバイオハザード方式にしちゃったんですかね?
田村:
当時バイオハザード流行ってたからどうしてもそれにしたかったんじゃないですかね?
僕はとにかく大反対で、「玉繭物語2~滅びの蟲~」(以下、「玉繭物語2」)で「だから言ったでしょ」って変えたんですよ。
はまち:
なるほど・・・・・まあそれでも「玉繭物語」は結果として相当売れて。
田村:
「玉繭物語」はね。
はまち:
売れましたよねぇ。そのうえでBest版も出て、今は玉繭物語はゲームアーカイブス版も出てるんです。実は一番売れてるんです。
田村:
はぁ。
はまち:
ゲームアーカイブス版だけで○万DL近く売れてますからね。
田村:
へぇー。
はまち:
たまに、海外の方からも問い合わせがあったり。
田村:
あ、あのー「Jade Cocoon」つって、海外版も当時出してたんで。
はまち:
そうですよね。英語で「次はいつ出るんだ?」って聞かれるから、「分かんないよ」って答えるんですけど。(笑)
田村:
なんか、向こうの人とやり取りしましたね。そういえば。
はまち:
海外は、まぁやっぱりこのキャラクターの絵を見て一発でイメージできるというところが強いのかなと思ってるんですけど・・・・・。
田村:
なんでしょうね。
はまち:
リリースが1998年12月。
田村:
(笑)
2000年になってない!!
はまち:
なってないんですよ(笑)!
田村:
世紀をまたいでいない(笑)。
はまち:
年代的に世界観が終末思想な感じ。
田村:
そうなんですよねぇ。
はまち:
ま、時代って感じですよね。
田村:
1998年かぁ・・・・・。
はまち:
いやー世界が終わるもんだと思ってる人たちがいたという常識はもう通用しないんですかね?
一同:
(笑)
田村:
たしかに。ありましたね(笑)。
はまち:
近藤様とお会いする前に当時の話を聞いてはいたんですが、その上で近藤さんと田村さんとの間で、ものすごい懐かしいと言うか同窓会のような雰囲気があって。
田村:
最後にお会いしたのが何年前だ・・・・・?だってここ(画集:「近藤勝也 ArtWorks 玉繭物語&玉繭物語2」)に写ってる写真、二人ともタバコ吸ってんじゃん(笑)。今、雑誌のインタビューの写真でタバコとかありえなくない(笑)?
はまち:
そうですねぇ。これ、本当に煙がゆらいでますもんね(笑)。
田村:
この間近藤さんには裏切り者って言われましたけどね。
「タバコやめたのぉ?」って。
はまち:
ああ、田村さんはもうタバコをやめられたんですもんね。
田村:
世の中に騙されてる呼ばわりされた(笑)。
はまち:
近藤さん曰く「タバコを吸わないと身体に悪いよ」と。
田村:
(笑)
心には悪いかもしれないけどね。

こちらは玉繭物語2。森の中を自由に駆け巡ります。

声優さんにキャンペーンガール・・・・・実は非常に豪華な面々なのです

はまち:
あと、もう一つ言われましたね。「見た目が落ち着いたね」って。
田村:
あーはいはい。どこが?って感じで。
はまち:
私としてはどうしてなんだろうと思いましたけど(笑)。
田村:
うーん、当時髪・・・・・赤かったしね。
はまち:
ワタシが入社した時、12年前でしたけど確かに色合いは・・・・・。
田村:
何色でしたかねぇ。
はまち:
何色でしたかねぇ・・・・・ありとあらゆる色をやってたという風なイメージですか?
田村:
青とか、すだれ赤にしたりとか・・・・・いろいろしてるからなぁ・・・・・。
はまち:
元気に入社する前、デザイナーさんって、みんなこうなんだろうなっていう風にイメージしてました。
田村:
当時のゲームって制作発表会とかやってたじゃないですか。
はまち:
やってましたねぇ。
田村:
それで、三國(連太郎)さんがいるからっていうんで芸能レポーターがいっぱい来てて。
はまち:
はいはいはい。
田村:
「今度は赤い髪の監督に使われることになった」ってどこかのスポーツ新聞に書いてあって(笑)
はまち:
(爆笑)
田村:
やめてよもー!!って(笑)。
はまち:
(爆笑)
三國さんにとっては相当なカルチャーショックだったんでしょうね。
田村:
そうそう。
そんでその時のキャンペーンガールがNちゃん(現在も女優・モデルとして活躍中)だった。
はまち:
あ、そうなんですか。
田村:
あの時はまだ、小学校六年生。
はまち:
そうでした。うちの昔のホームページでは、かたくなに「元気イメージキャラクター」って書いてあったんですけど・・・・・。
田村:
あぁ・・・・・。
はまち:
彼女の経歴にはキレイさっぱり無くてですね。
田村:
黒歴史!
はまち:
黒歴史扱いですね(笑)。
同じようにTさん(現在もモデルとして活躍中)もですね。
一同:
(爆笑)
はまち:
黒歴史で言うともっといろいろあるんですけどね。会社のホームページで言うのにはちょっとははばかられるような。
田村:
あぁーー・・・・ま、そうねぇ!
はまち:
あったりするんですよ。ちょっとアレなことになったりとか。
えぇ、まぁみなさん身体に気を付けて頑張ってほしいですけど。
一同:
(爆笑)

懐かしい写真や貴重な資料がたくさん。うーんお見せしたい。

第三回へつづく・・・・・・・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加