menu

PS2アーカイブス

スペシャルインタビュー「風雲 新撰組」第三回

2014年4月
元気株式会社ではPS2アーカイブスでのタイトル販売を始めます。

2000年代、元気では16タイトルのPlayStation(R) 2のソフトウェアをリリースしました。
そのタイトルのうちいくつかをPS2アーカイブスで再販売いたします。
そしてそのタイトルに合わせ、開発者や営業担当などの昔話を連載記事に仕立ててみることにしました。

途中で方針が変わるかもしれませんが、それはそれでご容赦ください。
また、リリースしてほしいタイトルありましたら、元気公式twitterアカウント「@Genki_official」までご連絡ください。
中の人(はまち)が時折ツイートしてみますね。

剣豪

風雲 新撰組

■発売日 2004年7月8日
■ジャンル 歴史アクション
■本体価格 6,800円
■著作権表記
(C)2004 GENKI
(C)2003 Konami Computer Entertainment Japan.Illustrated by Yoji Shinkawa.
■ゲーム概要
結成から140年たった今でも人々を魅了してやまない存在、新撰組。 幕末を舞台に、プレイヤーは近藤、土方、沖田ら有名隊士とともに激動の時代を体感する。 「池田屋事変」「芹沢鴨暗殺」など800に及ぶイベント、隊士を引き連れて戦う新システム、 仲間との信頼・・・ゲームを進めるうちにあなたは新撰組に欠くことの出来ない隊士へと成長する!

PS2アーカイブス

■発売日 2014年6月18日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 : PlayStation.com
販売ページ:SENオンラインストア

スタッフ/今野
■元気株式会社:プランナー
■経歴:
新卒時はプログラマとして入社。数タイトルの開発に携わり、メインプログラマーまで経験した後、ディレクターに。「風雲 幕末伝」「任侠伝」後は主にOEMタイトルに関わる。その間なぜか在籍がプランセクションに変更。現在はマネージャーを務める。入社時から現在まで30kg増の高成長率を誇り、現在も成長期継続中。

インタビュアー:はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■経歴:
元気のゲーム事業部でなんかいろんなことをしてる人。元番組制作会社のAD。元本屋さん。元ゲーム屋さん。元気公式twitterアカウントでおもいついたことをツイートしてます。

ちょっと元気らしくないキャラクターデザインについて聞いてみました

はまち:
僕が風雲 新撰組(以下「新撰組」)で印象に残っているのが、 当時の営業部長が、「やっとかわいい女の子を作るモデラーが現れたよ」と。
今野:
あれ・・・・・あぁ露草(つゆくさ)ですね。いましたねぇ。
はまち:
露草になんであんなに気合が入ってるんですか?
今野:
あれは、その当時はモデルの出来に口を出す立場ではなかったんで、そこはちょっとわかんないですねぇ。 ただ、堀越さん(現 弊社取締役)の美学的なもんなんじゃないかなぁと思いますけどね。
はまち:
堀越さんおしゃれですもんね。
今野:
多少、キャラクターを僕がディレクションしている時より遊んでいるんですよ。 黄巾賊(こうきんぞく)みたいな平助だったりとか、芹沢鴨が頭の後ろに毛がちょこっと残っていたりとか ちょっとふざけていたりするんですよね。デザイン的に。
はまち:
そういえばそうでした。
今野:
そういうところで時代的なものもありつつ、現代から見てもかわいい女の子にしたいみたいなのがあったと思いますね。
はまち:
そういわれてみると、例えば藤堂がバンダナみたいなのをしていたりとか。
今野:
そうそう。坂本龍馬がマントというかポンチョというか。
はまち:
外套っていうんですかね。
今野:
そうですね。普通のゲームとか、映画の龍馬像よりちょっとカッコいい感じになっていると思いますね。
はまち:
今風という感じはありますね。
当時、ゲームショウで新撰組出して次回作の時、あの龍馬の恰好をしているコスプレイヤーの方がいたりしました。
今野:
いましたね!全員、女性の方でね。
はまち:
そうなんですよね。アレを活かせなかったのが悔やまれますね。
一同:
(爆笑)
はまち:
思えば、コスプレしたくなる服だったんですかね。アレ。
今野:
うーん・・・・・。
はまち:
わりと、色味も派手だし、おしゃれだったんだろうなと思うんですけど。
今野:
そうですねぇ。個々のキャラクターも立っていたし、結構、漫画チックというか キャラクターに分かりやすい個性がついていましたよね。
はまち:
なので、まぁ、あの時にそういうコスプレイヤーの人が来たんだったら コンパニオンのお姉さんにああいう格好をさせてもよかったなぁって思っちゃったりするんですよね。

このキャラクターをコスプレしていただきましたのもいい思い出です。

「再現性」という元気らしい一面も伺いましたよ

はまち:
取材とかやったりしてたんですか?
元気って「首都高」とか、取材しては完全再現しちゃうイメージですけど。
今野:
当時、京都に旅行に行って実際の建物の中の廊下の幅であったりとか、 階段の高さであったりとかああいうものは見てきてましたね。
はまち:
こまかっ!
今野:
もちろんゲーム的にウソをつかないといけないものもあるんですけど、 確実に今の建物と造り方が違うとか、そういうものはみんなで見に行ってましたね。
はまち:
あーそうなんですね。
今野:
うらやましいことに。
はまち:
あれ今野さんは行ってないんですか?
今野:
僕は・・・・・・・・・関係ないんで。プログラマーが見に行って何の参考になるんだって言われまして。 連れて行ってもらえなかったんですよ。さみしいんですよ。
はまち:
それで行った人たちは、写真とか撮って…。
今野:
写真とか撮って、参考資料とかやって、美味いもん食って帰って来て、うっしっしとか言ってるんですけど。
はまち:
あのー・・・・・三つ目が余計でしたね(笑)
一同:
(爆笑)
はまち:
プログラマー班はずーっとコード書いてる、と。
今野:
そうですそうです。
はまち:
ディレクターが取材を楽しんでいる、その間も。
今野:
で、悔しいんで終わってから個人的に行きましたね。
はまち:
あ、行ってましたね。そういえば。
今野:
プロジェクトが終わった後に、もう一人のプログラマの奥野っていうやつと、 奥野のクルマで、奥野の運転で、京都まで行くっていうのをやってましたねぇ(笑)
一同:
(笑)

廊下の幅が戦いにくさを演出します。

おそらく元気で一番多く殺された人物について

はまち:
奥野さんといえば、おそらくですけど、25万人くらいに殺された奥野さんですよね。
今野:
奥野さんです。奥野さんです。(笑)
一同:
(爆笑)
はまち:
とある雑誌に「実在する有名隊士」として載っちゃった奥野さんです。
一同:
(爆笑)
はまち:
幕末には実在してないんですけどね。(笑)
今野:
「幕末を彩る、実名の志士がこんなにたくさん!」の中に奥野って書いてあって(笑) いやいやいや。
はまち:
いやいやいや。
今野:
(実在して)いたの?みたいな。
はまち:
あの(元気の)奥野さんだから。
ということで、一番最初に現れるボスの奥野賢二郎・・・・名前は多少変えてますがウチの社員なんですよね(笑) ゲームの中とはいえ、どういうお気持ちなんでしょうね。
今野:
あー・・・・・・・・・・・・・あれ結構似てたんでね。(笑)
一同:
(爆笑)
今野:
当時のポリゴンなんで荒いんですけど、でも「お前だよね、確実に」っていうのがあって面白かったですねぇ。
はまち:
他に入れてた人とかいないんですか?
今野:
他にもいましたけど、結構みんな恥ずかしがりやなので・・・・ウチの会社は。 名前をもらったのもあるんですけど、そこまで再現しているのは奥野君くらいだったかなぁ。 なんでそうなったのかは、たぶんデザイナーの悪ノリだと思うんだけど。
はまち:
(笑)

この不逞浪士がくだんの奥野さんです。

京都を満喫して新撰組隊士になっちゃってるくだんの奥野さんです。

第四回に続く…

このエントリーをはてなブックマークに追加