menu

PS2アーカイブス

スペシャルインタビュー「風雲 新撰組」第一回

2014年4月
元気株式会社ではPS2アーカイブスでのタイトル販売を始めます。

2000年代、元気では16タイトルのPlayStation(R) 2のソフトウェアをリリースしました。
そのタイトルのうちいくつかをPS2アーカイブスで再販売いたします。
そしてそのタイトルに合わせ、開発者や営業担当などの昔話を連載記事に仕立ててみることにしました。

途中で方針が変わるかもしれませんが、それはそれでご容赦ください。
また、リリースしてほしいタイトルありましたら、元気公式twitterアカウント「@Genki_official」までご連絡ください。
中の人(はまち)が時折ツイートしてみますね。

剣豪

風雲 新撰組

■発売日 2004年7月8日
■ジャンル 歴史アクション
■本体価格 6,800円
■著作権表記
(C)2004 GENKI
(C)2003 Konami Computer Entertainment Japan.Illustrated by Yoji Shinkawa.
■ゲーム概要
結成から140年たった今でも人々を魅了してやまない存在、新撰組。 幕末を舞台に、プレイヤーは近藤、土方、沖田ら有名隊士とともに激動の時代を体感する。 「池田屋事変」「芹沢鴨暗殺」など800に及ぶイベント、隊士を引き連れて戦う新システム、 仲間との信頼・・・ゲームを進めるうちにあなたは新撰組に欠くことの出来ない隊士へと成長する!

PS2アーカイブス

■発売日 2014年6月18日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 : PlayStation.com
販売ページ:SENオンラインストア

スタッフ/今野
■元気株式会社:プランナー
■経歴:
新卒時はプログラマとして入社。数タイトルの開発に携わり、メインプログラマーまで経験した後、ディレクターに。「風雲 幕末伝」「任侠伝」後は主にOEMタイトルに関わる。その間なぜか在籍がプランセクションに変更。現在はマネージャーを務める。入社時から現在まで30kg増の高成長率を誇り、現在も成長期継続中。

インタビュアー:はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■経歴:
元気のゲーム事業部でなんかいろんなことをしてる人。元番組制作会社のAD。元本屋さん。元ゲーム屋さん。元気公式twitterアカウントでおもいついたことをツイートしてます。

元気が「風雲 新撰組」をリリースするに至った経緯

はまち:
PS2アーカイブスで「風雲 新撰組」が出ます。
今野:
はい。聞きました!
はまち:
で、新撰組を出すのにあたって、誰に話を聞こうかなぁって思ってですね、
堀越さん(現 弊社取締役)にお願いしようとしたら、断られまして。
今野:
(笑)
はまち:
じゃー、今野さんだろうと。
今野:
堀越さんがプロデューサー兼ディレクターだったんですよね。 たしか、本当はその前に別の人がプロデューサーやってて堀越さんがディレクターやって その前に堀越さんは、しばらくやることなくて。ブラブラしてたんですけど。(笑)
たしか、結構間が空いていた時期があったんですよ。
はまち:
そんな新撰組ですけど、実はうちの会社で単品では一番売れたゲームになりました。
※ちなみに、ベスト版を合算した場合は「首都高バトル01」
今野:
そう、ちょうど大河ドラマがね同じ時期に出たんですよね。 僕らも作っている最中で大河が決まって「あれ?これイケるんじゃねぇの?」みたいな。話はしてましたね。
はまち:
あれは大河ドラマで新選組やるってわかって新撰組だったんですか?
今野:
違いますよ。それでは間に合わない感じでしたね。
はまち:
開発には何年くらいかかってますか?
今野:
いや、2年はかかってないと思いますよ。それでも。
当時のスケジュールではゲームのコンセプト考えては壊しているなんていう時間の使い方をしているので たぶん一年じゃ作っていないですよ。もうちょっとかかってますよね。
はまち:
実はあの後、他社さんで翌年の義経で。
今野:
はい。はい。
はまち:
で、義経テーマのゲームが出たりとか…。
今野:
出てましたね。
はまち:
ちょっとしたブームがそこにあったりして。
「新撰組」には最初からかかわっていたんですか?
今野:
当時、僕はDreamcastのゲームをGAME CUBEに移植するっていう仕事をやってて 新撰組にはあとから、合流したんですよね。
で、合流したときには「新撰組」を作るというはなしにはなっていたんですよ。

経緯としては、たしか剣豪みたいな1対1ではなく、 集団戦のゲームを作ろうという話になってたらしいんですね。
当時の候補として「新撰組」のほかには「赤穂浪士」などいくつか案が出ていた中で 当時のプランナーがどうしても「新撰組」をやりたいということで決まったという話だったと思います。
はまち:
その、プランナーって誰だったんですか?
今野:
確か僕が合流する前のチームにはプランナーの中に一人女性が居たんだけど、その人ですね。
新撰組系の話が好きというんで、結局シナリオも彼女が書いたんですよ。
なんか、時代劇全般が好きって言って、結構いろんな作品見てる人でしたね。
はまち:
そういえばそんなこといってましたね。


新撰組のセリフやストーリーは新撰組を強く推したプランナーの力作です。
ぜひご堪能ください。

ゲームのコンセプトについて試行錯誤があったとのお話を聞きました

はまち:
そんな新撰組、開発当初はどうだったんですか?
今野:
1対1ではなく多対多をつくるにはどうしようかってことになっていて、 いろいろ考えてますってときに、メインプログラマーとして入っていったんです。
そうしたら、はじめは全然違うゲームで、とりあえずチャンバラって桃太郎侍でもなんでも とりかこまれて、それをバッタバッタと切っていくのが気持ちいいっていう話があるじゃないですか。
それをやろう、みたいなことを言ってて「円陣バトル」ってのを作ってたんですよ。
はまち:
円陣バトル?
今野:
円陣って…プレイヤーの周りを敵が囲んでいるんですよ。
はまち:
ほう。
今野:
八方向くらいに。
はまち:
ク○ーズみたいな(笑)
今野:
そうすると、どっかから順番に切りかかってくるんですね。
はまち:
敵が攻撃して来るのを待ってるんですね。
今野:
で、斬りかかってくるところに反撃するっていうのをやってて、 トントン相撲みたいなキャラクターモデル使ってプロトタイプを作って「わぁ、これくそつまんねぇ」って(笑)
はまち:
(爆笑)
今野:
って言ったところが僕の参加し始めたところかな。
はまち:
(笑)
今野:
これ、音ゲー作りたいの?みたいな話をしたんですよねぇ。(笑)
はまち:
それ、つまんない理由ってなんだったんですかね?
今野:
プレイヤーが待たなきゃいけないっていうのが・・・・
まず、刀をもっていたら自分から斬りかかりたいじゃないですか。 で、待ってるっていうのが性に合わなかったですね。

で、斬りかかってきたら綺麗な殺陣になるっていうんですけど… その斬りかかってきたあと、グサッと斬ったあとに、こいつが対面の敵キャラにぶつからない様に 逃げていかないといけないとか無駄なところでのアルゴリズムが面倒くさそうなんですけど ・・・・・まぁ、あんまり面白くないっていう(笑)
はまち:
(笑)
そんな試行錯誤があったんだ(笑)
今野:
いま、考えると全部それにしないで、攻撃することもできて向こうから攻めて来たら切り返すみたいな形にする、って 手もあったのかな、と思いますけどね。
ちょうどバットマン(発売元:ワーナー・ホーム・ビデオ)みたいな最近の洋ゲーのフレームアクションだとデフォルトになってるんですけど。

ただとにかく型の決まった綺麗な殺陣をやりたいというのが初めのコンセプトで。まぁ、そのコンセプトは無くなりましたよね。
ダメだよね、コレって。(笑)
はまち:
なるほど、たしかに時代劇では待ってますもんね。主役の人たち。
今野:
えぇ。あれはきれいに魅せるためにやってるのであってたぶん、桃太郎は気持ちよくない(笑)
はまち:
そらそうだ(笑)
今野:
もし、自分が桃太郎だったら斬りに行くよねって話になって。 まず、そのコンセプトがゲームで再現するのにあんまりよろしくないねって。 別に様式美を追求するためにゲームをやるわけではないので。

で、そこからまた新撰組っていう題材があったっていう事で、 新撰組は実際どういう風に戦っていたのかなぁっていうあたりにプランナーの思考が変わっていって、 そしたら実は集団でこっそり路地に行ってグサグサと殺してましたっていう・・・・ 意外にひどい戦い方をしてるんですよ。
はまち:
なるほど。
今野:
で、集団で襲っていくのにあたって一番前に居る奴は「死番」といって その陣形を「死番陣形」っていう形でゲームに落としていったりとかして。 またその集団で人を襲うのを、他の奴を狙わせといて背中から斬ってもいいじゃないみたいな えげつない集団の斬りあいの方法というのをゲームにしようかと。

で、直接1対1の部分に関しては、差別化といっても懸・待・攻というステキなシステムが 剣豪であったじゃないですか。
それはそれで頂いて、元気のレースゲームがSPバトルに集約されたような形で 元気の剣術アクションは懸・待・攻の三すくみを軸にするのはそれはそれでいいじゃないかという形で 新撰組のベースができていったって形ですかね。
はまち:
なるほど。最初の奴は・・・・(笑)
今野:
(苦笑)
はまち:
たしかにゲームと新撰組自体が持っていたものがそこに落とし込まれたというのは納得できるし最終的に良かったんでしょうね。

新撰組は戦いを有利に進めるため、陣形の切り替えが重要なポイントでした。

ぶしゅー。

第二回に続く…

このエントリーをはてなブックマークに追加