menu

PS2アーカイブス

スペシャルインタビュー「風雲 新撰組」第五回

2014年4月
元気株式会社ではPS2アーカイブスでのタイトル販売を始めます。

2000年代、元気では16タイトルのPlayStation(R) 2のソフトウェアをリリースしました。
そのタイトルのうちいくつかをPS2アーカイブスで再販売いたします。
そしてそのタイトルに合わせ、開発者や営業担当などの昔話を連載記事に仕立ててみることにしました。

途中で方針が変わるかもしれませんが、それはそれでご容赦ください。
また、リリースしてほしいタイトルありましたら、元気公式twitterアカウント「@Genki_official」までご連絡ください。
中の人(はまち)が時折ツイートしてみますね。

剣豪

風雲 新撰組

■発売日 2004年7月8日
■ジャンル 歴史アクション
■本体価格 6,800円
■著作権表記
(C)2004 GENKI
(C)2003 Konami Computer Entertainment Japan.Illustrated by Yoji Shinkawa.
■ゲーム概要
結成から140年たった今でも人々を魅了してやまない存在、新撰組。 幕末を舞台に、プレイヤーは近藤、土方、沖田ら有名隊士とともに激動の時代を体感する。 「池田屋事変」「芹沢鴨暗殺」など800に及ぶイベント、隊士を引き連れて戦う新システム、 仲間との信頼・・・ゲームを進めるうちにあなたは新撰組に欠くことの出来ない隊士へと成長する!

PS2アーカイブス

■発売日 2014年6月18日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 : PlayStation.com
販売ページ:SENオンラインストア

スタッフ/今野
■元気株式会社:プランナー
■経歴:
新卒時はプログラマとして入社。数タイトルの開発に携わり、メインプログラマーまで経験した後、ディレクターに。「風雲 幕末伝」「任侠伝」後は主にOEMタイトルに関わる。その間なぜか在籍がプランセクションに変更。現在はマネージャーを務める。入社時から現在まで30kg増の高成長率を誇り、現在も成長期継続中。

インタビュアー:はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■経歴:
元気のゲーム事業部でなんかいろんなことをしてる人。元番組制作会社のAD。元本屋さん。元ゲーム屋さん。元気公式twitterアカウントでおもいついたことをツイートしてます。

いまさらながら苦労した点についてきいてみましたよ

はまち:
風雲 新撰組(以下「新撰組」)で一番苦労したことってなんですか?
今野:
新撰組で一番苦労したのは・・・・やっぱりプログラマとしての部分が多かったんで、 えーと、結構そのシナリオがあるゲームのところでの分岐とか、フラグの管理もやってたんですよ。
はまち:
フラグ管理ですか。
今野:
それが大変っちゃあ大変なんですけど、一番面白いっちゃあ面白いところかなぁって思ってやってましたね。
はまち:
そーなんですね。
今野:
あと、やっぱり苦労したのは、当時僕らのチームはお話とお話の間をイベントでつなぐみたいな、 演出的なモノを入れていった経験があんまり無くて。
そういったところでの方法論と、実際にかけられる工数と費用の差が苦労しましたね。 シリーズが増えるたびに、レベルアップしていくんですけど はじめはゲーム中に使うモーションをなんとかしてイベントで使えないかということをやって、 で、足りないものだけ足そう、みたいな作り方をしていたんですけど、やっぱりそこは苦労してましたね。
終盤デザイナーがみんなして、そこを作ってましたから。 キャラクターの人も、マップの人も、スクリプターになっちゃって。
はまち:
なるほど。
「新撰組」って今思うと、結構力押しで作ってたんですね。
今野:
そうなんですよ。しかもすごいのがアレ、クリアした後に有名隊士5人くらいを主人公として遊べるんですよね。
はまち:
ああ、2周目以降にたしか、自分が有名隊士になることができてそれでゲームが進んでいくという話でしたね。
今野:
そうですそうです。2週目開始前にキャラクタが選べたんですよね。 何周させようっていうんだよ!そんなにやんないよ!時代は変わんないんだから。(笑) 別に土方でやっても、歴史は変わんないですよ!って。
はまち:
そうなんですよね。始まりは、いつも奥野さん(第三回参照)が殺されて・・・・(笑)
今野:
ただ、そうなんだけど、誰を主人公にするかで掛け合いのセリフが違ったりとか、 そういうところにシナリオ担当のプランナーが結構こだわってたりするんですよね。 だからプレイしてる分には全く同じ、ってこともないんですけどね。 なので、スゴイ量のデータがあって、確認も大変だった・・・・・。
はまち:
そういえば、そうでしたねぇ。
今野:
つらかったぁ。・・・・・とかいって他にも裏ワザで条件を満たすとおばあちゃんになれる、みたいなのを入れてみたり。
はまち:
はい、ありましたね。
今野:
隊士とおんなじ骨格を使っててなんだこのおばあちゃんは!?みたいな無茶もやりました。
はまち:
おばあちゃんが機敏なんですよね。
一同:
(爆笑)
今野:
そんなおばあちゃんいるか!って
はまち:
あとは、技のえげつなさですよね。
今野:
そうですね。他のゲームとかと比べてひどかったですね。 コケたヤツのところに四人がかりでグサグサグサって刺していくとか。
はまち:
なんだろうなぁ・・・・慣れてない人が見ると夢に出てくるぐらいにひどいですよ。あれ。(笑)
今野:
血糊が画面にババッっと・・・・やりすぎでしょうって感じでしたね。
はまち:
さすがに15歳以上推奨のゲームになりました。
今野:
そもそもあまりにも若い子だと漢字読めないですよ。たぶん。
「不逞浪士(ふていろうし)」とか歴史上の言葉を使ってるので、 たぶん、やってもらっても理解できないかなぁってのがあるんで。 それも含めて15歳以上推奨でアリかと。 そうじゃないと不逞の逞はひらがなになってたと思いますし、ちょっと格好悪い新撰組になってたと思いますね
はまち:
あー…いまだと振り仮名をふるんでしょうけど、不てい浪士・・・・・想像したくないですね。(笑)

「四人がかりでグサグサグサ」・・・・・本作品は15歳以上の方を対象としております。

広告についての裏話も伺いましたよ

今野:
僕がプロジェクト終わった後に「アテレコ見に来る?」って言われて見に行ったことがあったんですけど、 当時クルマのゲーム(「街道バトル2 CHAIN REACTION」)と新撰組が同時ぐらいのリリースになってて プロモーションも一緒にやることになって、クルマのほうのPVで起用した声優さんが「ア○ロ・レイ」の 声の方だったんですよ。
はまち:
PVの声がですか?
今野:
ええ。あのー、水曜夜にやってる・・・・・車のテレビがあるじゃないですか。
はまち:
カーグラ○ィックTV!
今野:
そうそう。あれであの人声当ててるんで、あの人にやっていただいて。
「じゃあ、(新撰組は)シ○アかな」って当時の営業部長が言いだして。
一同:
(笑)
今野:
新撰組は何の関係もないのに、シ○アの声優さんにやっていただいて、 ア○ロとシ○アの(声による)PVが出来上がっているという。
はまち:
クルマと剣術で(笑)
今野:
いいけど!いいけど、なんだろう?って。
そもそもカーグラ○ィックTV知らない人はクルマのPVのナレーションの方でも 「なんで、ア○ロなんだろう」って状態なのに。
はまち:
そのPVは別に一緒に見るわけじゃないから。(笑)
今野:
ゲームショウだと順繰りにPV流すし、店頭でもそういう機会はあったかもですけどね。
はまち:
はい。たしかにそうですね。
でも、カーグラ○ィックTVだと落ち着きすぎちゃって「ア○ロ」っぽくないんですけどね。
今野:
あー。
はまち:
(ア○ロとシ○アの)フリにならない。(笑)
今野:
(笑)
それが、はじめて声優さんの収録に立ち会った時かなぁ・・・・。 セリフ以外の打ち合わせ的な会話中でも、キャラクターの声に聞こえるのに違和感があって。 わー、このキャラ、こんな事言わないのに、みたいな。
はまち:
やめてください夢が崩れる。(笑)
今野:
そうですね。夢が(笑)

当時の会場レポート。
イベントではPVを連続で流すことができますが、発売が1ヶ月空いているため
店頭では同時に観る機会はあまりありませんでした・・・・・。

最後に思い出話と、これから遊ぶ方へ向けたお話をいただきました

はまち:
当時は新撰組が完成してすぐ次回作だったんですか?
今野:
そのあとはすぐ次回作でしたね。
だって、一年で次のやつ(風雲 幕末伝。以下「幕末伝」)を出しましたからね。 まぁ、ぶっちゃけ鉄は熱いうちに打てみたいな指示が来てたんじゃないですかね。
はまち:
今野さんは休みとかとれたんですか?
今野:
その京都に遊びに行ったくらいじゃないですかね。(第三回参照)
はまち:
結構、出てましたよね。土日も。
今野:
当時若いですからね!(笑)
あのー別にそれが苦じゃなかったというか、それでいいものを作ろうとしてたんで、今ももちろんそうですけど。
特にオリジナルタイトルなんで自分たちがやろうと思ったことで苦労しても、 それがうまく反映されればそれで全然。やらされてやってるわけでもなかったし。
全く苦じゃなかったですねぇ・・・・・。そんなに、長い休みってもらおうとしなかったですね。
はまち:
そんだけ働いて、疲れている身体で京都に、車で?大変ですね。
今野:
いやーおもしろかったですよ。すげぇ勉強してから行ったんで、「これが、ここの家なのね」みたいな。 話をしてて、ゲームをやってて、実際の場所を照らし合わせて合点がいくことが結構あったんですよ。
はまち:
それはうれしい発見ですね。
今野:
そうなんですよー。 ゲームだけやってても微妙にわかってない、できてないところがあったっていうのが後からわかったりもしたので、 それが幕末伝をやるモチベーションにもなりましたね。 「風雲 新撰組」は新撰組を知ってる人が作ったストーリーなんで、 知らない人にはわかりにくい所もあったんじゃないかなって。 時代背景とか、もっと詳しく知りたいなぁって。
はまち:
なるほど。そうやって続編に活かされていったんですね。
最後に、いまさらコンセプトというか、 このゲームをどう遊んでほしいですかね?
今野:
10年前のゲームってことなんで、ノスタルジー的に遊んでもらうのもうれしいんですけど、 発売当時を全然知らない、歴史の勉強とかで新選組の名前を知った位の 受験勉強とかしてる子に遊んでもらってもいいのかな?と思ったりもしてます。
また、乙女ゲーとかでメンバーは知ってるんだけどそれぞれが何してきたかよく知らないような人は、 やってくれると新撰組の隊士たちがそれぞれなにを考えてたのか、というのが見えたりするのかなぁと思います。

「風雲 幕末伝」では時代を長く取り扱ってる分、1章毎の尺が短くなってたりするんで、 「風雲 新撰組」の方がひとつひとつの時間を長く扱ってるんですよね。 なので、新撰組が一番よかった時代というのはこちらの方が長く遊べる。 隊士たちの掛け合いとかも「風雲 新撰組」の方がこだわってて、いろんなバリエーションがあったりするので、 そっちで楽しんでもらえたら嬉しいかなぁって感じですね。
はまち:
わかりました。ありがとうございます。

「風雲 新撰組」、ぜひお楽しみください。

このエントリーをはてなブックマークに追加