menu

PS2アーカイブス

スペシャルインタビュー「剣豪3」第二回

2014年4月
元気株式会社ではPS2アーカイブスでのタイトル販売を始めます。

2000年代、元気では16タイトルのPlayStation(R) 2のソフトウェアをリリースしました。
そのタイトルのうちいくつかをPS2アーカイブスで再販売いたします。
そしてそのタイトルに合わせ、開発者や営業担当などの昔話を連載記事に仕立ててみることにしました。

途中で方針が変わるかもしれませんが、それはそれでご容赦ください。
また、リリースしてほしいタイトルありましたら、元気公式twitterアカウント「@Genki_official」までご連絡ください。
中の人(はまち)が時折ツイートしてみますね。

剣豪2

剣豪3

■発売日 2004年9月22日
■ジャンル 本格剣術アクション
■著作権表記 (C)2004 GENKI
■ゲーム概要
一撃死もありうるストイックな立会いシーンで人気の「剣豪」シリーズ第3弾。
全国11ヶ所を巡る武者修行の旅の中で各地の道場や有名剣豪を訪ねつつ、自らの剣技に磨きをかけ名を上げていく。
また、ゲーム中では自らがとった行動によりストーリーが変化。「全ての剣豪を倒し、日本随一の剣豪に上り詰める」という目的のほかにも、「 幕府の剣術指南役に就任」したり「新撰組に入隊する」ことや、反対に「倒幕派に身を投じる」など、様々なかたちで自らの剣を問うことが可能な剣術アクションゲーム。

PS2アーカイブス

■発売日 2015年11月18日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 :PlayStation.com
販売ページ:PlayStation Store

スタッフ/堂脇
■元気株式会社:プランナー
■経歴:
サッカー応援部の部長。
剣豪シリーズ、競馬ゲーム、RPGなどの様々なゲーム機のソフト開発にプランナーとして関わる。
色々ありつつ今はPS事業のプランナーとして勤務。

インタビュアー:はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■経歴:
ロケ弁部の部長。
元気のゲーム事業部でなんかいろんなことをしてる人。元番組制作会社のAD。元本屋さん。元ゲーム屋さん。
元気公式twitterアカウントでおもいついたことをツイートしてます。

サポートのつもりが・・・あれ?というパターンのようです

堂脇:
そうそう。剣豪3のシナリオ部分は全部スクリプトで動いてて・・・メニューの動かし方とかも。
はまち:
はっ!?そうなんですか?
堂脇:
カメラとかも、全部そうだった。
はまち:
あらららら。それはなかなかめんどくさいですね。それ組める人って何人くらいいたんですか?
堂脇:
んーーーーーーーーっと・・・・・・ま、2~3人はいたと思うんですけど、僕は最初は新人みたいなもんだったので・・・・・・小林さん(参照)がメインでやって、ちょこっと「この部分やって」とか「あの部分作って」とかのような想定でいたんですけど、なんか小林さんの方も忙しくなってたんで、ガッツリその部分を「自分がやりたい」って言って・・・。
はまち:
おぉぉぉ・・・・・・(笑)。
堂脇:
「やらしてくれ」って言ったら、「じゃーやってみろ!フォローするから」って言われて、ま、そっから全部自分がやって(笑)。
はまち:
そっからフォローは・・・ありま・・・・・・?
堂脇:
「せん。」
一同:
(爆笑)
堂脇:
ほぼ「ない。」(笑)
はまち:
ねぇのかぁ・・・・(笑)。
堂脇:
そうそう、引き取ったらもうぜーんぶだったんで。

「自分がやりたい」って言ったんだけど。けどね。

マッサージ椅子にちょんまげに・・・自由な社風が長所ですよ

はまち:
デビューが剣豪3で、ゲームの中のスクリプト周りを堂脇さんが担当して・・・。
堂脇:
そうそう。
はまち:
じゃーゲーム的なところで「ゲームがこうなればいいのに」に対して「こうしてやろう」とかっていうのは・・・。
堂脇:
企画部分ってこと?
はまち:
そうそう。
堂脇:
企画部分は・・・すでに大分決まってたんで、細かい調整を「こういう演出入れたほうがわかりやすい」とか、バトルまでの流れとかも、剣豪2で大体決まってたんで、それをもうキレイにまとめてとかをやってた。
はまち:
すると相当アレですね。企画とは畑違いの仕事をやる訳じゃないですか。戸惑いませんでした?
堂脇:
いや、すっげー楽しかった。なかなか帰れない時期とかもあったんで、めっちゃ大変でしたけど楽しかった。
はまち:
帰れない(笑)。具体的には聞かないでおきます。当時のライトウェイトって・・・・ビルの9階?5階?
堂脇:
8階だった気がする。
はまち:
ラムダックスビル(当時)でライトウェイトの階に行くと、みなさんがパソコンの前で座っててカタカタ言いながらもこっちの方にスペースがあるの。で、なんだろう?と思ったら、そこにマッサージ椅子があって(笑)。
堂脇:
あぁーあったあった。
はまち:
ありましたよねぇ!マッサージ椅子!
堂脇:
(笑)
はまち:
WEB担はYさん見たことない?ちょんまげ生えてたYさん。
WEB担:
えぇっーーー!!えっ!?本物のちょんまげですか!?
はまち:
うん。
堂脇:
いやいやいや。ちょっと結んでただけじゃないですか!
はまち:
要するに後ろ髪をクッてまとめて・・・。
WEB担:
ほー・・・・・・こう(頭頂部にのせてたん)ですか?
堂脇:
(頭頂部に乗せるように)こうはしてないよ!(笑)
はまち:
本気のちょんまげはさすがにさぁ・・・。
WEB担:
なんだ。じゃあまあいいんじゃないですか。今もそういう方いますし。
堂脇:
そうそうそう。
はまち:
あれ(ちょんまげスタイル)は剣豪を作ってるから?(笑)
堂脇:
いやぁー違うと思う(笑)。

てっきりこんな会議風景なのかと思っちゃいました。

新選組に魅了されすぎた人がいたようですよ

堂脇:
剣豪って言っても・・・みんなすごい歴史モノが好きってわけでもなかったんで・・・。
はまち:
そんな堂脇さんは歴史がす・・・・・・?
堂脇:
「好きじゃなかった!」
はまち:
じゃねぇのかよ(笑)。
堂脇:
新選組ってぜんぜんわかんなくてぇ・・・。
はまち:
(笑)
だって剣豪3では新選組、相当大変なことになってますよ!
堂脇:
そうそうそう。
あのー・・・僕、新選組って言ったらドリフのこうやって階段を落ちる・・・。
はまち:
くっくっくっくっく・・・。
堂脇:
あのコントあるじゃないですか、あの知識しかないんで。
はまち:
おい(笑)。
堂脇:
でもそこからすっごい本読んで・・・・・。
坂本龍馬とかの話も全部見て・・・「あ、こういう人なんだぁ・・・これは面白いなぁ」ってハマりましたね。
はまち:
だってコレ・・・新選組のイベント部分だけ異常に長いですよね。
堂脇:
あ、そうそうそう。それも、エピソードがあるんですけど。
はまち:
ほう。
堂脇:
あの、当時シナリオ担当してたMさんがすーんごい新選組が好きで。
はまち:
なるほど。
堂脇:
だもんで盛り込みたいことが多すぎて納期まで(実装が)終わんない。
はまち:
ほう。
堂脇:
なので、新選組の部分をを削れと(指示を受けて)。ゲームの攻略とかには直接関係ないんで。
はまち:
そうなんですか?
堂脇:
そう。だってもう「隊士は休日にこんなことしてた」とかだもん。
はまち:
あっはっはっは!
堂脇:
なんかそういうエピソード的なのをガンガンはさんでて・・・。
はまち:
うん。
堂脇:
で、間に合わないから「コレ削れ」って言われて。
はまち:
うんうんうん。
堂脇:
でも「ヤダ」って。
はまち:
Mさんが(笑)。
堂脇:
そう、あのMさんが「ヤダ」って(笑)。
で、三日三晩徹夜して・・・・・・全部作ったの(笑)。
はまち:
だからね。(新選組のシナリオ)長すぎではあるんですよ。
堂脇:
そうそうそう。イベントシーン飛ばしたいとき○ボタン連打ですっごい大変。
はまち:
だってコレ異常ですよ!攻略本の「シナリオ攻略編」のページにある、この流れ。
たとえば、柳生一族ですら6ページくらいですよ。分量としては。
筑後の巨漢編に至っては、このレベルですよ。丸1ページもないくらいですよ。
それが、新選組編だけはここからここまで、8ページ!さらに1ページ費やしてからのだから!
堂脇:
ひと単語がスゴイ長いのもあるけどね。最後の方とか、ここら辺はまぁ必要だろうということで一杯あったんだと思うんだけど。
はまち:
この辺のキャラクターが出てくる、例えば岡田以蔵が出てくる条件っていうモノもスクリプトで管理をしているんですか?
堂脇:
そうそう。
はまち:
うわーフラグとかめんどくさそうですね。

剣豪を目指す道中新選組に入隊できちゃうんだからそりゃあ熱いですよね。

第三回へつづく・・・・・・・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加