menu

PS2アーカイブス

スペシャルインタビュー「剣豪3」第一回

2014年4月
元気株式会社ではPS2アーカイブスでのタイトル販売を始めます。

2000年代、元気では16タイトルのPlayStation(R) 2のソフトウェアをリリースしました。
そのタイトルのうちいくつかをPS2アーカイブスで再販売いたします。
そしてそのタイトルに合わせ、開発者や営業担当などの昔話を連載記事に仕立ててみることにしました。

途中で方針が変わるかもしれませんが、それはそれでご容赦ください。
また、リリースしてほしいタイトルありましたら、元気公式twitterアカウント「@Genki_official」までご連絡ください。
中の人(はまち)が時折ツイートしてみますね。

剣豪2

剣豪3

■発売日 2004年9月22日
■ジャンル 本格剣術アクション
■著作権表記 (C)2004 GENKI
■ゲーム概要
一撃死もありうるストイックな立会いシーンで人気の「剣豪」シリーズ第3弾。
全国11ヶ所を巡る武者修行の旅の中で各地の道場や有名剣豪を訪ねつつ、自らの剣技に磨きをかけ名を上げていく。
また、ゲーム中では自らがとった行動によりストーリーが変化。「全ての剣豪を倒し、日本随一の剣豪に上り詰める」という目的のほかにも、「 幕府の剣術指南役に就任」したり「新撰組に入隊する」ことや、反対に「倒幕派に身を投じる」など、様々なかたちで自らの剣を問うことが可能な剣術アクションゲーム。

PS2アーカイブス

■発売日 2015年11月18日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 :PlayStation.com
販売ページ:PlayStation Store

スタッフ/堂脇
■元気株式会社:プランナー
■経歴:
サッカー応援部の部長。
剣豪シリーズ、競馬ゲーム、RPGなどの様々なゲーム機のソフト開発にプランナーとして関わる。
色々ありつつ今はPS事業のプランナーとして勤務。

インタビュアー:はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■経歴:
ロケ弁部の部長。
元気のゲーム事業部でなんかいろんなことをしてる人。元番組制作会社のAD。元本屋さん。元ゲーム屋さん。
元気公式twitterアカウントでおもいついたことをツイートしてます。

久々でやり方を忘れてますが、いつものように雑談から始まってますよ

堂脇:
いいようにまとめてくださいよ。
はまち:
基本、撮って出しなんですよ。
堂脇:
(笑)
はまち:
基本撮って出しで、毎回毎回雑談から始まっていて、ヒドイことに、別に究極ゲームの話をしてなくても構わないという・・・
一同:
(笑)
はまち:
ねぇー堂脇さんの(応援しているJリーグの)チームに勝てたから、私は本当に幸せですよ。(笑)
堂脇:
じゃあずっとその話しようか。(笑)
はまち:
そうそうそう、その話でもいいや!
-ここから6分以上サッカートークが続く-
WEB担:
剣豪3は・・・。
はまち:
んー・・・・・いいんじゃない?
WEB担:
はまちさん。
はまち:
はいはい、わかりましたよ。

【参考】サッカートークが5分を過ぎたあたりからのWEB担の表情

痺れを切らしたWEB担からおしかりをうけたので本題へ入りますよ

はまち:
そもそも堂脇さんはどこに入社したんですか?(笑)
堂脇:
ゲームが作りたくて、元気のプログラマとして申し込んだんだけど、数学の成績が良かったんで、管理部の部長にスカウトされてそのまま管理部で入社することになったんだけど、・・・・・・まぁ~いろいろあって・・・。
はまち:
ほほう(汗)。
堂脇:
知らない?
はまち:
全然知らないですよ。暴れたりしたんですか?これだから九州の人はコワイ(偏見)
堂脇:
いやいやいや。オレがじゃないけど!
はまち:
いろいろあったんですね。
堂脇:
でも、ありがたいことに自分に対する現場の評判は良くて。
はまち:
ふむふむ。
堂脇:
で、「どっか、行きたい部署は無いか?好きなところ行け」ってその時の社長が言ってくれて(笑)
はまち:
すげぇー!
堂脇:
(笑)
経理部でも、総務部でもなんでもいいからって。
はまち:
マジか!それ(笑)
堂脇:
で、元々ゲームが作りたくて元気を受けていたし、関連会社にライトウェイトっていう会社があったので、そっちに。

社内サークルから個人SNSまでつながりまくりな二人。ついにインタビュー実現。

ようやくゲーム会社っぽい話になってきましたよ、たぶん

はまち:
へー・・・・・で堂脇さんはゲーム初めて作るまでは開発管理の仕事をして、本当にゲームの作る側っていうのにまったくタッチしていなかったんですか?
堂脇:
いちおう、企画の勉強はしてましたよ。
はまち:
ほぉー。
堂脇:
昔いたKさんが企画の先輩だったので・・・・・。
はまち:
あ、あのKさん!私の知り合いの女性と合コンしてた(笑)。
一同:
(爆笑)
堂脇:
それ、記事にしてもらえる?(笑)
はまち:
武蔵境の方で合コンしてた!(笑)
堂脇:
(笑)
ま、その人が企画の先輩だったので、いろいろ教えてもらって。
はまち:
あれですよね。首都高バトルOnlineの人ですよね。
堂脇:
そうそうそう。
はまち:
首都高バトルOnlineの時に、パッケージ版がDigicubeかなんかで出るって時にちょっとお話をしたぐらいですね。私は。
じゃー堂脇さん含めその辺の方が企画系の話をできる人として会社に居て、まーなんかいろいろあったから、ライトウェイトに行くことになりました。で、ライトウェイトに入ったタイミングで剣豪3なんですか?
堂脇:
そう。
はまち:
剣豪2も終わってて?
堂脇:
剣豪2は終わってました。はい。別のアクションゲームが動きだしてましたけど。
はまち:
あれはスゴかったですよね。なんだっけ、アメリカSCEから「クリアができません」というSランクのバグが来るという(笑)
堂脇:
あ、そうなの?難しすぎて?
はまち:
そうそうそう(笑)。
堂脇:
へー・・・・・で、プログラマはそれをやってて、で、まぁ企画はヒマだってわけじゃないけど・・・。
はまち:
堂脇さんはプログラマ採用じゃないんですか?
堂脇:
いや、企画で採用して貰って。もともと元気に応募したときはプログラマ志望だったんだけど、企画の勉強をしてたので・・・。
はまち:
え?堂脇さんってプログラムも組むの?
堂脇:
えーと・・・・スクリプト(※ソフトウェアを作成するための簡易的なプログラミング言語全般を指す)ってやつ。それを剣豪3でやってたの。
はまち:
はいはいはい。なるほど。要は幕間のイベントとか
堂脇:
そうそう。剣豪3のシナリオ部分は全部スクリプトで動いてて・・・・(続く)

次回はもっと剣豪3の話になりますよね。
思い出しておきます。

第二回へつづく・・・・・・・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加