menu

PS2アーカイブス

スペシャルインタビュー「剣豪2」第二回

2014年4月
元気株式会社ではPS2アーカイブスでのタイトル販売を始めます。

2000年代、元気では16タイトルのPlayStation(R) 2のソフトウェアをリリースしました。
そのタイトルのうちいくつかをPS2アーカイブスで再販売いたします。
そしてそのタイトルに合わせ、開発者や営業担当などの昔話を連載記事に仕立ててみることにしました。

途中で方針が変わるかもしれませんが、それはそれでご容赦ください。
また、リリースしてほしいタイトルありましたら、元気公式twitterアカウント「@Genki_official」までご連絡ください。
中の人(はまち)が時折ツイートしてみますね。

剣豪2

剣豪2

■発売日 2002年6月27日
■ジャンル 剣術アクション
■著作権表記
(C)2000 GENKI/CRAVE (C)2002 GENKI
■ゲーム概要
剣士を育てて剣豪に!
「宮本武蔵」「坂本龍馬」を始め、「近藤勇」「柳生十兵衛」など歴史に名だたる剣士が約30人も登場する、人気剣術アクションの続編です。 1対多人数の戦いが加わり、戦闘も多彩になりました。キャラクターデザインは寺田克也氏です。

PS2アーカイブス

■発売日 2014年10月15日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 : PlayStation.com
販売ページ:SENオンラインストア

スタッフ/小林
■元気株式会社:プランナー
■経歴:
「剣豪」に続き2回目の登場。 元気でリリースした「剣豪シリーズ」の他、
ニンテンドーDS「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」のディレクターも歴任。 現在はPS事業部に在籍。

インタビュアー:はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■経歴:
元気のゲーム事業部でなんかいろんなことをしてる人。元番組制作会社のAD。元本屋さん。元ゲーム屋さん。
元気公式twitterアカウントでおもいついたことをツイートしてます。

剣豪2で印象的なキャラクターについて伺いましたよ

はまち:
あと、剣豪2で欠かせないのは、たぶん寺田先生かなぁと。
小林:
あーーー!もちろん!寺田先生も!大変でしたよ!
はまち:
寺田先生はどうして採用となったんですか?
小林:
いや、寺田先生ね・・・・もともと1の時はタレントさんに監修とイメージキャラクターってことで入ってもらったんですけど・・・・・2どうしようって話になったときに、1が結局社内のデザイナーが作ったキャラクターになったので本当に地味なおっさんばっかりになったんで、「やっぱり魅力のあるキャラクターがほしいね」っていう話になったんですね。
はまち:
そりゃそうですよ。
小林:
その時に、キャラデザできる先生の候補が4人くらいいたのかな?
で、誰がいい?ってなったときに「候補に寺田先生いるじゃない!」「寺田先生やってくれるの!?」って盛り上がって、「オファーしてみようか」って話になったんですよ。
で、いざ寺田先生と交渉しようってなった時に連れて行かれました。
はまち:
おー。
小林:
「あのーちょっとお願いしたいんですが・・・・」って。
はまち:
あー伝統的なんですね。そこ。私も直前のアーカイブスでリリースした戦神は、Sさんに連れて行かれて高橋ツトム先生のところへ伺いましたから。
小林:
受け継がれてるなぁ・・・・・。
はまち:
で、交渉の内容はどんな感じだったんですか?
小林:
もう、立て続けに話してみましたね。 上半身だけでかまわないし、顔も2面、前と横だけでかまわないんで、描いてもらったキャラクターでこのゲームの世界観を作りたいって話をして「何人作るんですか?」って話になり、まぁ人数決めてはあったので、 「剣豪30何人」みたいな話をして・・・・・。
「忙しいんだけど、白黒のラフでいいならいけるよ」って話になって「それでいいです!」って即答して、「描いてもらったもので3Dモデルをおこすので、申し訳ないですが意にそぐわないキャラクターになるかもしれませんがいいですか?」って話をしたら「それは構わない」って返答を頂いたので「では出来上がったものをレンダリングして見栄えの確認だけしてください。よほど問題がある時は言っていただければ直します」ってことでまとまったんですね。
で、結局鉛筆書きでラフ画で描いてもらって・・・・・。
はまち:
それが、正面と横のみ。
小林:
はい。正面といってもちょっと横からのアングルで。
はまち:
凹凸が分かるようにって感じですね。
小林:
それで実際にキャラクターとして作った3Dモデルを同じ角度でレンダリングして、ラフ画と並べた状態にして「こういう見栄えになりますよ」って言うのを持って行って承認をいただいていったって感じですね。
はまち:
なるほど。
小林:
あとは最終的にはパブ用にメインビジュアルを頂きました。
はまち:
(パッケージをもって)これですね。
小林:
イラストを3点くらい・・・といった感じでしたね。

寺田先生に頂いたラフ。この絵をもとに3Dモデルを制作しました。

剣豪シリーズの流れについて聞いてみましたよ

小林:
あー(攻略本を)読んで思い出してきましたよ、だんだん。
はまち:
それは心強いですよ。
そこで、ゲーム性の面で、剣豪から2になってパワーアップしたところってどういったところになるんですかね?
小林:
剣豪(1作目)は結局、ストイックな泥臭い武士の話を作りたいという事で基本コンセプトは当時の社長が作っていたんですね。
※剣豪は元気の子会社である開発会社が制作し販売を元気が行っており、小林は開発会社に所属していた。
はまち:
はい。
小林:
で、ゲームのディレクションとしてはメインにYさんが居て、無骨な武術・武道
・・・・・なんていうかねぇ、本当に剣術だけで、真剣も基本ナシ。というその当時の泥臭い田舎道場でのし上がろうという武士の世界を作ろうとしていたので、真剣は最後にしか登場しない設定にしたんですよ。
はまち:
そうでしたね。たしかに。で、そこから2にまとわせた面白さというのは・・・・・剣豪になるんですかね?
小林:
2に関しては実在剣豪を出しちまおうと。
はまち:
はい。
小林:
実在剣豪に関しては、はじめから決定していた訳ではなかったんですけどね。
剣豪を出すといろいろと問題が出てくる。流派の問題とか当然ありましたし。どうしても外での試合が多かったので、真剣を使って斬るとか出てきてしまう。
そもそも当時の社長は泥臭い世界観が好きなので、開発会社サイドのコンセプトからすると、真剣で血しぶきが飛ぶようなゲームはあんまり望んではいなかったんですね。
はまち:
なるほど。
小林:
で、どちらかというと望んだのは元気サイドだった。
はまち:
そうですね。
小林:
剣豪が斬りあうなら真剣だろ、真剣なら血しぶき飛ばないと、ということでいわゆるもっと派手なものを、という話になって。
開発会社サイドで、剣豪2に関して商品として一番魅力的なところはどこかっていう事を探ってやっぱり真剣勝負の方に持っていこうという結論に達し、本当に斬ったら死んでしまう形にしようとなったんです。
で、そこに加えてもっといろんな魅力を出すために、真剣も入るし実在剣豪も出してみてそれで、剣豪の戦いに自分も参加しようみたいな形にしていったんですね。
はまち:
で、寺田先生によってキャラクター性を持たせていきたいなということですか?
小林:
そうですね。
はまち:
なるほど、でその流れで3に向かっていくと。
小林:
そうですね。ただ、3はちょっと違って、1は当時の社長、2はいわゆる企画原案をYさん、3は小林なんで。ワタシはエンターテインメントが大好きなので、何でもやりたかったんですね。
3は完全にテーマも変えて、集大成にしないとダメだろうと思っていて、じゃあ全国だろうという話もあったし、行くところまで行っちゃおうという気持ちがありましたね。
はまち:
ま、そういう意味では、1から3に至る中間点としての2は確かにちゃんとした中間点として魅せることができたって感じはしますね。
小林:
世界観はこういう形で野試合入れようとか、闇試合入れようとか、ゲームとしての完成度は2でYさんがガッツリやりましたんで。

見た目は派手さを求めましたが、剣豪シリーズならではの真剣勝負の緊張感はそのままです。

謎な仕様「銘刀コレクション」

小林:
真剣も、出すんであれば集めるとかコレクションしたいし。
はまち:
そうだ、そこですよ。そこでお話したいことがあるんですよ!
小林:
あの、もうすごいんですよ!ひとりのデザイナーが一年間、ずーっと刀作ってましたから!
はまち:
(苦笑)
そこなんですよ。
小林:
たしか、刀が60何本あったと思うんですけど、全部「大業物」「業物」「なまくら」って種類があるんですよ。
はまち:
そうですね(笑)
小林:
あれぜーんぶテクスチャ違うんですよ(笑)
一同:
(笑)
はまち:
えーとここにありますよ。 一種類の刀に3つあると。で、刀は34種類あると。
で無銘+34種類×3種類で、全部で103振りあると。あと5振り足したら煩悩ですね。
小林:
そこまで頭まわんなかった(笑)
はまち:
ただですねぇ、ここでですよ。マヌケな映像ですよね。
「入手した『大業物』は銘刀情報で選んで○ボタンを押すと鑑賞できる」。これのためにデザイナーが一年間ずーっとテクスチャを描いていたと。
小林:
あの、本当に紋様が違うんですよ。
一同:
(爆笑)
小林:
刀って、こう刃の方に紋が入るじゃないですか。
はまち:
刃紋がありますね。
小林:
まっすぐのモノもあれば、波打ったりとか、いびつな形になってたりとか。
はまち:
泡ふいてたり、いろいろありますよね。
小林:
しかも、刀の鑑賞する部分では柄がついてる状態じゃなくて、全部抜けた状態で形が分かるようになってるんですよ。
はまち:
銘(めい)もあるんですか?
小林:
銘も彫ってあるんです。
はまち:
いやいやいやいや。これぇ・・・・・。
小林:
イヤーすごかったですよ、すっごいテクスチャの無駄遣い!
はまち:
無駄遣い、正しい!(笑) いやー超解像度って……これやろうって誰が考えたんですか?
小林:
これやろうは多分当時の社長ですよ。こういうの好きだもん。
はまち:
あーストイックですもんね。コレ。

拡大することもできるのでデザイナーの努力の結晶を隅々までお楽しみください。

第三回へつづく・・・・・・・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加