menu

PS2アーカイブス

スペシャルインタビュー「剣豪2」第一回

2014年4月
元気株式会社ではPS2アーカイブスでのタイトル販売を始めます。

2000年代、元気では16タイトルのPlayStation(R) 2のソフトウェアをリリースしました。
そのタイトルのうちいくつかをPS2アーカイブスで再販売いたします。
そしてそのタイトルに合わせ、開発者や営業担当などの昔話を連載記事に仕立ててみることにしました。

途中で方針が変わるかもしれませんが、それはそれでご容赦ください。
また、リリースしてほしいタイトルありましたら、元気公式twitterアカウント「@Genki_official」までご連絡ください。
中の人(はまち)が時折ツイートしてみますね。

剣豪2

剣豪2

■発売日 2002年6月27日
■ジャンル 剣術アクション
■著作権表記
(C)2000 GENKI/CRAVE (C)2002 GENKI
■ゲーム概要
剣士を育てて剣豪に!
「宮本武蔵」「坂本龍馬」を始め、「近藤勇」「柳生十兵衛」など歴史に名だたる剣士が約30人も登場する、人気剣術アクションの続編です。 1対多人数の戦いが加わり、戦闘も多彩になりました。キャラクターデザインは寺田克也氏です。

PS2アーカイブス

■発売日 2014年10月15日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 : PlayStation.com
販売ページ:SENオンラインストア

スタッフ/小林
■元気株式会社:プランナー
■経歴:
「剣豪」に続き2回目の登場。 元気でリリースした「剣豪シリーズ」の他、
ニンテンドーDS「馬主ライフゲーム ウィナーズサークル」のディレクターも歴任。 現在はPS事業部に在籍。

インタビュアー:はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■経歴:
元気のゲーム事業部でなんかいろんなことをしてる人。元番組制作会社のAD。元本屋さん。元ゲーム屋さん。
元気公式twitterアカウントでおもいついたことをツイートしてます。

昔話をするこのインタビュー、意外と人選に苦労するのであります

小林:
結局、今日はIさん(デザイナー)は来なかったんですか?
はまち:
えーとIさんもお誘いしたんですが・・・・。
小林:
おれは分からんぞと言われました?
はまち:
ちょっと聞いてみたんですよ。そしたらIさん「もう、覚えてない」と。
小林:
覚えてないですよね。そりゃ。10年以上昔ですもん。
はまち:
あと、「何を話すんですか?」って聞かれたんですよ。
小林:
はいはい。
はまち:
そしたら「まぁ、苦労話とか…」って言ったら「いや、苦労してないし!」(笑)
小林:
(笑)あいつはねー。
はまち:
で、要はあのー「背景だから。」と。
小林:
はい。
はまち:
「360度回って見えるような背景ものしかやってないので、そんなに苦労してない」っていう・・・・。
小林:
あーまぁねぇ。
はまち:
これ(攻略本)を見ながらおっしゃってたんですよ。

インタビュー登場2回目の小林。「何かあったかなー。」

そして、2回目登場の小林さんもいきなり恐ろしいことを・・・・

小林:
あーこれ(おもむろに持つ)懐かしいですよねぇ。
いやぁー懐かしいな、免許皆伝(攻略本「剣豪2 公式コンプリートガイド 免許皆伝の書」/ソフトバンクパブリッシング刊)。
・・・・・・・・・2覚えてないんですよ。あんまり
はまち:
え?
一同:
(笑)
はまち:
もう、こまるんですけど!
小林:
だって2って私、プランニングだったんですよ。ディレクター業も当時やってましたけど、 基本はYさん(当時のディレクター)がつくってたんで。
はまち:
はい。
小林:
だから、Yさんが作りたいゲームを小林が実現したという形だったんですね。
はまち:
なるほど。
小林:
なので、あんまりないんすよねぇ・・・・思い入れが。
思い入れ?・・・・・あぁ!(当時の写真を見ながら)なんか、写ってますね。
はまち:
若い!!いくつだったんですか?その時。
小林:
30代でしょうねぇ・・・・・十○年前ですよ!
はまち:
おおぅん?今おいくつですか?
小林:
えーと40代です。(笑)
はまち:
40・・・・・おいくつですか?
小林:
そうですねー。具体的に言うと社長(現社長:星野孝)と同い年です。
一同:
(どよめき)
はまち:
えええっ!・・・・・そうだったんですね。
小林:
社長と仲良しなんですよ。最近、遊んでないわあの人と。
はまち:
社長ですからね、お忙しくて遊べないんでしょうね。

こちらが十○年前の小林のインタビューが掲載されている「免許皆伝の書」

剣豪2のゲーム性について思い出しながら話をしてもらいました

小林:
基本道場行って、手合わせして、どんどん上の人と戦っていって、えーと技を習得して・・・・・。
ほんとうにどっちかというと剣士のエディット(剣術編集)がメインですかねぇ。 いわゆる、どんな技作って、どんな形表作ってみたいな。    
はまち:
そうですね。あとは、実際の剣術の名前が出ていたというところも。ココが始まりですね。
小林:
2で出してましたっけ?
はまち:
そうですね。一応。 聞いた話だと要は実際の剣術で人は殺さないので、殺してしまうと破門になる。
小林:
それはどちらかというと3の話です。基本3では道場で血を流すのをやめようということになったので…2では斬ってるんですよガンガン。
はまち:
ほぉー。

こちらは道場内の木刀での試合。木刀でも当たり所によっては大ダメージになります

悪いお顔の口入屋さんが追加された理由は意外なところに…

はまち:
口入屋がここで登場するんですね。
小林:
そうですね。基本的には1は道場オンリーで、口入屋は2からですね。悪い顔の口入屋が。はい。
はまち:
わっるい顔ですねぇ。
小林:
1が道場と野試合だけだったので、それでなくてもゲーム的に見た目が地味な世界観なのに すべてのステージが地味になってしまうというのもあったので。
それと道場以外のもうちょっと自由度のあるステージで剣術を遊びたいというのがありましたんで 口入屋というのを入れたんですね。
はまち:
この口入屋の映像を見てて、背景のレンダリング作ったのがあの個性的な女性キャラを作るOさん (剣豪インタビューにも登場するデザイナー。) だとIさんが言ってました。
小林:
はい、Oです。
はまち:
で、Iさん曰く「Oさんの方が大変だったんじゃないか?」と。
小林:
はい、当時大変だって言ってましたよ。 「Iさん仕事振るだけ振ってって・・・・」ってこぼしてましたね(笑) 「当時の話と言ったらIさんのことしか思い出せない」って言ってましたからね。(笑)
はまち:
うわぁ。仲良くやってらっしゃったんですよねこのお二人(笑)。
小林:
それはもちろん(笑)。

口入屋からの仕事は選んで受けないと「悪名」高い剣豪として知れ渡ってしまうのでご注意を

第二回へつづく・・・・・・・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加