menu

PS2アーカイブス

広報会議「戦神-いくさがみ-」第三回

2014年4月
元気株式会社ではPS2アーカイブスでのタイトル販売を始めます。

2000年代、元気では16タイトルのPlayStation(R) 2のソフトウェアをリリースしました。
そのタイトルのうちいくつかをPS2アーカイブスで再販売いたします。
そしてそのタイトルに合わせ、開発者や営業担当などの昔話を連載記事に仕立ててみることにしました。

途中で方針が変わるかもしれませんが、それはそれでご容赦ください。
また、リリースしてほしいタイトルありましたら、元気公式twitterアカウント「@Genki_official」までご連絡ください。
中の人(はまち)が時折ツイートしてみますね。

剣豪

戦神-いくさがみ-

■発売日 2005年11月24日
■ジャンル 群れぶった斬りアクション
■本体価格 6,800 円(税別)
■著作権表記
(C)2005 GENKI
■ゲーム概要
『戦神-いくさがみ-』は、PlayStation®2の限界に挑み最大65,535体のキャラ表示が可能になった一騎当千型アクションゲームです。 巫女の少女に守られた「犬神」を操り、次々湧いて出る魔物たちをなぎ倒しながら様々なミッションをクリアします。 舞台は織田信長や豊臣秀吉らの登場する戦国時代。遠大なストーリーをお楽しみください。

PS2アーカイブス

■発売日 2014年8月20日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 : PlayStation.com
販売ページ:SENオンラインストア

はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■元気ゲーム事業部プロデュースセクションのアシスタントプロデューサー。
ユーザーサポート業務、広報広告業務、twitterの中の人などなどやってます。
TGSへ視察に出かけてはWEB担と反省会と称してガード下で呑んでます。

WEB担
■元気株式会社:広報・WEB担当
■元気ゲーム事業部プロデュースセクションの平社員。
ユーザーサポート業務、広報広告業務、力仕事などなどやってます。
反省会の時は魚ばかり頼むはまちさんに野菜を食べさせるのが仕事になります。

興味ないと思いますけど、はまちさんの担当箇所を聞いてみましたよ

WEB担:
なんか疲れてきたんですけど、はまちさんは当時何やってたんですか?
はまち:
知ってるでしょう。
WEB担:
パブリックな場ですからちゃんとご自身の口で答えてください。
はまち:
はい。はまちさんは解説書とかを作ってましたよ。
WEB担:
今思うと雑な解説書ですね。
はまち:
おい。
WEB担:
というか、薄いです。わからないです。なんでこうなってるんですか?
はまち:
えーとゲームの内容を締め切りのギリギリ(間に合ってないけど)まで作りこむもんだから、その内容が解説書に反映できない。 解説書にも印刷するための締め切りがあるからね。てことは当然、解説書で一切触れられてない仕様があるわけよ。
WEB担:
えっ、じゃあゲーム進めていって「これなんだ?」ってことが起こりうると。
はまち:
そうそう。当時、ファミ通の浜村弘一氏が連載記事に記載してくださったんだけど、 「マスターの入れ替え時に仕様が追加されている」とあるんですわ。
WEB担:
ほう。
はまち:
もうマスターデータを納めなきゃいけないギリギリのところで追加されてるんだね。 解説書にとあるミニゲームについての記載が一切ないでしょ。
WEB担:
(解説書をめくる)・・・・・・・・・・ほんとうだ・・・・・。
はまち:
色校修正上等っていうのが、元気の悪しき伝統だったんで・・・・・。
ま、それってコストに「直」跳ね返るんだけどね。
WEB担:
生々しい。そして結局間に合わなかったと。まあそもそもそのミニゲーム自体隠しステージみたいな感じですけどね。
はまち:
というわけで、ちゃんと説明できてないんで講談社さんから発行された攻略本のほうがおすすめです。
WEB担:
・・・・・わかりました。当時の状況を想像するとゾッとします。

開発陣はぎりぎりまでこだわるので解説書担当はこんな感じになります。

そして、WEB担に「戦神-いくさがみ-」を遊んでもらいましたよ

はまち:
「戦神-いくさがみ-」ってプレイしたことあるんだっけ?
WEB担:
入社当時に元気を知るためにっていうんで一通りのゲームを遊んだうちのひとつだと思いますよ。
はまち:
で、どうよ。
WEB担:
入社当初も思いましたがなんとなくわーーーっとやっていてもある程度はできるので気持ちが良いんですよ。
はまち:
ほう。
WEB担:
でもわーーーってやってたら気が付くと兵士さんたちがいなくなってました。
はまち:
だよね。
WEB担:
「あ、ゴメン」って思ったのと同時にマップ上でどこがピンチなのか把握できなかったなあと思いました。
はまち:
んー・・・・・これまでの流れよりマジメなんで温度感が・・・・・。
WEB担:
でもはまちさん仕事ってこういうもんです。
はまち:
そうでした思い出しました。 でもって、はまちさん思うにですね、「このゲームの主人公は兵士たち」なんではないかと。
WEB担:
え?巫女じゃないんですか?
はまち:
ふつう、犬神だって言うと思うんだけど・・・・・。
WEB担:
いや見た目的に巫女かなぁって。
はまち:
ま、ゲームの売り文句としては「6万体の脅威」とか「斬って斬って斬りまくる」なんだけど ゲームを進めるうちに、兵士さんを誘導しなきゃいけなくなる。
WEB担:
そうですね。兵士の協力がないとクリアできない場面があります。
はまち:
兵士さんはストーリー上、決まった人数しか供給されないんで大事にしないといかんのよね。 だから主人公は兵士と言えるのではないかと。
WEB担:
なるほど。そういう見方もありますね。
はまち:
WEB担のプレイですすめていくと、どこかで厳しくなるんだよね。 そういう意味で、売り文句だった「爽快感」から徐々に「戦略性」が求められるようになる。
WEB担:
難しくなるんですね。徐々に。
はまち:
ま、各種ミニゲームでたくさんの魔物を倒すヤツもあるんでそっちで楽しんでもらえれば。
WEB担:
そうですね。タイムアタックのなぎ倒し感は爽快ですし、さくっと手軽に楽しめますしね。

これが65,535匹の魔物たち!どっかんどっかんなぎ倒してください。

第四回へつづく・・・・・・・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加