menu

PS2アーカイブス

広報会議「戦神-いくさがみ-」第二回

2014年4月
元気株式会社ではPS2アーカイブスでのタイトル販売を始めます。

2000年代、元気では16タイトルのPlayStation(R) 2のソフトウェアをリリースしました。
そのタイトルのうちいくつかをPS2アーカイブスで再販売いたします。
そしてそのタイトルに合わせ、開発者や営業担当などの昔話を連載記事に仕立ててみることにしました。

途中で方針が変わるかもしれませんが、それはそれでご容赦ください。
また、リリースしてほしいタイトルありましたら、元気公式twitterアカウント「@Genki_official」までご連絡ください。
中の人(はまち)が時折ツイートしてみますね。

剣豪

戦神-いくさがみ-

■発売日 2005年11月24日
■ジャンル 群れぶった斬りアクション
■本体価格 6,800 円(税別)
■著作権表記
(C)2005 GENKI
■ゲーム概要
『戦神-いくさがみ-』は、PlayStation®2の限界に挑み最大65,535体のキャラ表示が可能になった一騎当千型アクションゲームです。 巫女の少女に守られた「犬神」を操り、次々湧いて出る魔物たちをなぎ倒しながら様々なミッションをクリアします。 舞台は織田信長や豊臣秀吉らの登場する戦国時代。遠大なストーリーをお楽しみください。

PS2アーカイブス

■発売日 2014年8月20日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 : PlayStation.com
販売ページ:SENオンラインストア

はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■元気ゲーム事業部プロデュースセクションのアシスタントプロデューサー。
ユーザーサポート業務、広報広告業務、twitterの中の人などなどやってます。
TGSへ視察に出かけてはWEB担と反省会と称してガード下で呑んでます。

WEB担
■元気株式会社:広報・WEB担当
■元気ゲーム事業部プロデュースセクションの平社員。
ユーザーサポート業務、広報広告業務、力仕事などなどやってます。
反省会の時は魚ばかり頼むはまちさんに野菜を食べさせるのが仕事になります。

パッケージの巫女さんとゲーム中の巫女さんが全然違うんですけど・・・・

WEB担:
はまちさん「戦神-いくさがみ-」やってて思うんですけど、 なんでパッケージの巫女さんとゲーム中の巫女さんが全然違うんですか?
はまち:
エグイ質問だな。
WEB担:
いやいやいや、誰だって気づきますよ!
はまち:
ま、そらそうだよね。
WEB担:
ツッコミ待ちなのかと思うくらいですもん。
はまち:
「戦神-いくさがみ-」がまだ戦国のモチーフをまとっていない 試作的な段階では萌えキャラが動いてたのを覚えてるんだけど。
WEB担:
萌え・・・・・ですか?
はまち:
そう。萌え。
WEB担:
その萌えキャラが巫女になったんですか?
はまち:
いや、すごい頭の大きいデフォルメキャラだったんで違うと思うな。 結局ゲームの体裁になってお目にかかった時には、今のゲーム中の巫女さんだったよ。
WEB担:
じゃーなんでパッケージの巫女は全然違うんですか?
はまち:
前回の話にも関連するんだけど、「キャラクター性が弱い」という判断になったんだね。
WEB担:
それっていつ頃だったんですか?
はまち:
ちょっとまって、メール確認してみる。
WEB担:
・・・・・・・メール・・・・保存してるんですか?
はまち:
うん。10年分。
WEB担:
社史が編纂できますね。
はまち:
・・・・・・・・・・・・どういうこと?
WEB担:
いや、他意はないです。
はまち:
まぁいいや。で、とあるつながりから夏に高橋ツトム先生(正しくはハシゴ高)の事務所に伺いまして メインビジュアルの作成をお願いしたという流れですね。
WEB担:
なんで高橋ツトム先生にお願いしたんですか?
はまち:
えーと、高橋先生の描く切れ長の目の女の人が好きだから。
WEB担:
ソコ!?はまちさんがですか?
はまち:
ふとした瞬間に、上司から「お前が好きな女性の絵を描く漫画家さん誰?」の質問に 「高橋ツトム先生」って答えたの。
WEB担:
・・・・・・・・・・・・・

凛とした表情が魅力的。はまちさんの趣味だったとは・・・・・。

で、引き続き巫女の実装について聞きましたよ

WEB担:
整理しますと、キャラクターが少々弱かったから漫画家さんにメインビジュアルをお願いしようと。 で、それははまちさんの好みの女性を描く高橋ツトム先生にお願いしたというのはわかりました。 なんで、ゲーム中のキャラクタはそのままなんですか?
はまち:
だって、間に合わないもん。
WEB担:
“もん”って・・・・・
はまち:
高橋ツトム先生は各キャラクタのバストアップも描いていただけたので それをセリフが表示される際に各キャラクタの画像を表示するようゲームに盛り込んでもらったのよ。 発売2ヶ月前くらいに。
WEB担:
え?発売2ヶ月前?え?
はまち:
ま、ねじ込んだっていうよね。普通。
WEB担:
・・・・・・・・・・・・・・・。
はまち:
なので、3Dモデルはあのキャラクターで、セリフをいう時の2D表示は高橋先生で、 合間のムービーではもう一度あのキャラクターで、オープニングのアニメは高橋先生……
WEB担:
ちょっと待ってください。わけがわからないです。
はまち:
でしょうね。あぁ、ちなみに高橋先生のキャラがアニメ化されたのって戦神が初めてって風の便りに聞いたよ。
WEB担:
いや、そこじゃないです。私が言いたいのは。なんで、3Dモデルを作るときからやらなかったんですか?
はまち:
うーん・・・・・剣豪2ではできてたのにね。確かにおかしいね。
WEB担:
・・・・・・・もういいです。

なんでだろうね。おかしいね。

第三回へつづく・・・・・・・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加