menu

PS2アーカイブス

スペシャルインタビュー「風雲 幕末伝」第四回

2014年4月
元気株式会社ではPS2アーカイブスでのタイトル販売を始めます。

2000年代、元気では16タイトルのPlayStation(R) 2のソフトウェアをリリースしました。
そのタイトルのうちいくつかをPS2アーカイブスで再販売いたします。
そしてそのタイトルに合わせ、開発者や営業担当などの昔話を連載記事に仕立ててみることにしました。

途中で方針が変わるかもしれませんが、それはそれでご容赦ください。
また、リリースしてほしいタイトルありましたら、元気公式twitterアカウント「@Genki_official」までご連絡ください。
中の人(はまち)が時折ツイートしてみますね。

剣豪2

風雲 幕末伝

■発売日 2005年1月20日
■ジャンル 本格歴史アクション
■著作権表記
(C)2005 GENKI
(C)2003 Konami Computer Entertainment Japan.Illustrated by Yoji Shinkawa.
■ゲーム概要
「風雲 幕末伝」は幕末の日本を舞台にした本格歴史アクションゲームです。
前作「風雲 新撰組」のゲームシステムをベースに新撰組だけでなく幕末の動乱の流れを完全収録しました。
今作では、佐幕、倒幕それぞれの立場でのプレイが可能になりますので、幕末という時代の流れをより強く体感することができます。
「桜田門外の変」から「池田屋事変」、「禁門の変」、「薩長同盟」、「長州征伐」等歴史的に有名なエピソードを完全網羅。

PS2アーカイブス

■発売日 2014年12月17日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 : PlayStation.com
販売ページ:SENオンラインストア

スタッフ/奥野
■元気株式会社:プログラマ
■経歴:
新卒でプログラマとして入社。関わったタイトルが初めて世に出たのはなんと2年半後。
「新撰組」ではゲームの基本プログラムを担当しながら敵キャラクタとしてデビュー。
「幕末伝」以降はメインプログラマとして、DSからアーケードゲームまで様々なタイトルに関わる。

インタビュアー:はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■経歴:
元気のゲーム事業部でなんかいろんなことをしてる人。元番組制作会社のAD。元本屋さん。元ゲーム屋さん。
元気公式twitterアカウントでおもいついたことをツイートしてます。

風雲 幕末伝はプロモーションに並々ならぬ力が入っておりました

はまち:
風雲 幕末伝(以下、「幕末伝」)なぁ・・・・惜しいことをしたなぁ(苦笑)
奥野:
セールス的にはってこと?
はまち:
そうですねぇ、プロモーションはすごいお金かけてたんですよ。当時流行ってた波田陽区さんを起用して・・・・。
奥野:
ですよね!それそれ!それもねぇ、確か(ネタ帳に)どっか入ってたよ。
はまち:
この「幕末伝」に関しては芸人さんの使い方が半端ないですよ。だって、東京ゲームショウのバイトくんとしてナイツさんが来てる。
奥野:
あぁ、ナイツさんか!言ってた言ってた。
はまち:
そうなんですよ。ナイツさんが来てて。
奥野:
覚えてないんだけど・・・・ソレ。
はまち:
え?そうなんですか?
奥野:
僕ねぇ、なんかその時のゲームショウ行けなかったんじゃないかな。仕事で。
はまち:
そうか。コレ(幕末伝)制作中ですよね。
奥野:
かな?・・・・・行けなくて。だから、ナイツさんは見てない。
はまち:
風雲 新撰組(以下、「新撰組」)の時は「センターライン」さんってコンビで。その次の年にお願いしたのがナイツさん。「僕・・・・佐賀県のはなわの弟なんですよね」って言ってて、見たことない人で。(笑)
奥野:
(笑)
いまでこそねぇ、どっちかっていうと腕のある芸人さんですよね。
はまち:
そうなんですよ。THE MANZAIとかM-1グランプリとか・・・・・絶対に必要な人じゃないですか。
奥野:
ですね。
WEB担:
キャスティングってどうやって決まったんですか?
はまち:
それに関してはねぇ、運営しているウチの会社の考え方として、安くて、服を着て、練り歩いてくれるヤツを探していたの。
WEB担:
すごい、条件がなんかユルい。(笑)
奥野:
服を着てってどういうこと?
はまち:
ちゃんと和服を着せたんですよ。
奥野:
あーなるほどなるほど。
はまち:
塙さんのほうが龍馬っぽい服を着て、土屋さんの方がたしか普通の和装を着てたんですけど。
奥野:
へー。
はまち:
たぶん、新撰組のダンダラを着てたとおもうんだけど。これがあのー・・・・別にお笑い芸人である必要もなくて、男性でそこに居てくれればいいっていう。
まぁ他にレースゲームとかもあったんで、レースクイーンで歌を歌ってくれる人達とかも連れてきてステージをやったりとかして・・・・・。
奥野:
へぇー。
はまち:
基本的には不真面目なブースだったんで。
奥野:
見たかったなぁ!ソレ。なんで行けなかったんだろう。後で聞くと悔しいな。
はまち:
そうなんですね(笑)。
--元気がこれまでにキャスティングした芸能人の方や声優さんの話しが続く--
はまち:
たぶん、PS3湾岸ミッドナイトで起用した声優の方は当時二年くらい休み取ってなかったはず。まぁ二年くらい休みを取ってないっていうと、まぁ本当にウチの会社の人間も・・・・・。
一同:
(笑)
はまち:
代休が相当数になっている人もいましたもんね。
奥野:
居たよねぇ・・・・・今ではもう考えられないけど・・・・・。
はまち:
どうでした?この頃って代休たまりました?
奥野:
使い切れないほど。毎日(会社に)来てましたから。さすがにねぇ家に帰んないみたいな状況にはなって無かったですけど。まぁ、毎日来てましたよね。
はまち:
まぁ、なんか常に居る感じってありましたよね。どうですか?プランナーの名前忘れちゃったなぁ・・・・・あの子。あのー疲れてくると・・・・・。
奥野:
Aさん?
はまち:
そうですね!Aさんだ。Aさん「チョコラBB飲んで頑張ります!」って言ってて。
一同:
(笑)

ナイツさんのサイン色紙 ホンモノです

「風雲 幕末伝 制作記者発表会」というのをやった時のお話です

はまち:
そのあと、あれですよね。さすがに、ゲームショウは来られなかったですけど、ギター侍の時は来ましたよね。
奥野:
そう!制作発表会でしたっけ?あの時は行きましたよね。
はまち:
ですよね。
奥野:
たぶん、全員で行ったんじゃないかな。
はまち:
記念写真とか撮りましたもんね。大変でした・・・・あれも。
奥野:
あれもねぇ・・・・「すげぇ、こんなのやるんだ」って思いましたね。
はまち:
波田陽区さんにはかわいそうでしたけどね。
奥野:
まぁね(笑)。
はまち:
えぇ、かしこまった場所で芸人さんがひとりネタやって誰も笑ってくれないなんて辛いですよ。
奥野:
(笑)
はまち:
しかも、ゲラ担当の俺がカメラを回してるから笑えないっていう。お前笑うなって言われたら、誰が笑うのさ!って・・・・・。挙句の果てに舞台上でご本人が「少しは笑いがほしいところ」って(笑)。
でも、翌日のワイドショーとか朝のニュース番組とかは全部出てくれましたからね。
奥野:
うん。そのはずですよ。僕も見たから。
はまち:
あの時は、もうとりあえずは会場で美味しい飯が食えるぞーみたいなイメージでしたか?
奥野:
だったのかね?なんか、舞台を見てたのは覚えてるんだけど。それぐらいしか・・・・なんか始まる前に、みんなで会場の外でワイワイして、始まるぞって時に、中に入っていってぼーっと見てた覚えはあるんだけど・・・・・。
はまち:
そのぼーっと見てたのは疲れてたからですか?
奥野:
かもしれない(笑)。いろいろな意味で燃え尽きてたからなー。

「幕末伝」の宣伝部長を務めていただきました

やはり、今野さんと行った京都旅行はそうとう楽しかったようですね

はまち:
「幕末伝」・・・・どうですか?是非モノで伝えたい事とかありますか?
奥野:
そうですね。今野さんと京都に行った時の話は「新撰組」の時(「風雲 新撰組インタビュー」第三回目参照)に触れられてましたよね。
はまち:
あの・・・・悔しくて行ったって(笑)。
奥野:
そうだったのかなぁ。
はまち:
いや、なんかデザイナーの人達が・・・・。
奥野:
あぁー!そうそうそう!その、「デザイナーだけ行きやがって」みたいなのはあります!それは確かにきっかけのひとつだったかも。
あと僕がクルマを買ってからロングドライブをしたことが無かったんで、今野さんが「ガソリン代半分出すから、乗っけてってよ」って言われて。
はまち:
そうだったんだ。えーっと行ったメンバーとしてはそのお二人?
奥野:
二人だけ。本当にもう・・・・・お付き合いしてるんじゃないかって言われてもなんか否定できないけど(笑)。そうではないんで。
はまち:
(笑)
宿も一緒?
奥野:
もちろん。同じ部屋でしたよ。で、その同じ部屋で、象徴的だったエピソードが・・・・本当に観光目的で新撰組のゆかりのある土地を訪ねて歩くのを目的で行ってたんですよ。
はまち:
はい。
奥野:
行ったんですけど、まずそこの場所が開かれるのが朝早いんですよ。わりと。
はまち:
はい。
奥野:
そして夕方五時くらいでしまっちゃうんですよ。
はまち:
早いんですよねー。
奥野:
寺とかね。観覧できる場所は夕方でしまっちゃう。初日は行くだけで終わっちゃって、次の日の朝からまわって、京都の一日目の夕方にもうその日行けるところが無くなって。
で、「なにする?」「酒でも飲むか」ってなって。
はまち:
はいはいはい。
奥野:
ちょうどねぇ「居酒屋 新撰組」だかなんだかがあって。
はまち:
どストライクですね(笑)。
奥野:
俺らのために建ててくれたみたいなねぇ(笑)。
まぁ、大衆向けの居酒屋があって、でその日泊まる予定だったホテルに近かったんでそこに行ったんですけど結構今野さん呑む方なんで。スゴイ酔っぱらってちょっと支えながら一緒に帰ったんですよ。
はまち:
えぇ。
奥野:
で、部屋ついたら今野さんがね、なんか飲み物がほしいとか言うから、当然下っ端なんで「僕、買ってきますよ」って言って。「戻ってきたら、絶対鍵を開けてくださいね。寝ないでくださいね」って念を押したんだけどぉ。
はまち:
えぇ・・・・(笑)。それもう、完全に前フリですよ!
奥野:
寝ますよねぇ。
はまち:
寝ますよね(笑)。
奥野:
もうねぇ、15分くらい。トントントントン今野さぁん・・・・・トントントントン・・・・・・・・・・ってずぅーっと。
もうねぇ、これで開かなかったらオレどうすればいいの?京都で?クルマ戻って寝なきゃだめなの?って思いながらドアをたたき続けたんですよ。
はまち:
フロント行きましょうよ(笑)。
奥野:
結局、フロントのお世話にならずに今野さんが・・・・・。
はまち:
おっ。
奥野:
「なにー?」って言って出てきて。
はまち:
(笑)
奥野:
「なに?じゃねぇよ」って・・・(笑)
はまち:
最悪ですね(笑)。

トントントントン今野さぁん・・・・・トントントントン・・・・・・・・・・(イメージ図)

新撰組ゆかりの土地をめぐる楽しさは尽きないようです

奥野:
でもまぁ、本当に目的は達成できた感じで。いろんなところ行きましたよ。
はまち:
そうらしいですよね。
奥野:
龍馬の墓とか、二条城とかいろいろ。
はまち:
「新撰組」で殺された思い出の場所でも写真を撮って(笑)。
奥野:
そうねぇ。新撰組のコスプレしたりとかね。
はまち:
そうかー・・・・・わりと単純に行きたいなで行ったんですね。
奥野:
「新撰組」作ってる時に、純粋に隊士たちに魅力を感じて行ってみたいと思いましたね。
はまち:
なるほど。
奥野:
実際の新撰組の屯所とかも行くと鴨居っていうんですか?そこに刀傷とかあるんですよ。
はまち:
ほー。
奥野:
芹沢鴨が襲撃を受けた時のキズだったりとか。あと、どっかの町屋かなんかの呑み屋みたいなところも片っ端から窓ガラスがヒビだらけなんですけど、それも新撰組が来てバキバキにしてったヤツですとか。
はまち:
へぇー。
奥野:
そういう・・・・あそこに居たんだなっていうのが今でも残ってたりして、スゴイよかったですよ。
はまち:
それを感じながら「幕末伝」を作ると。
奥野:
それはそう。なので余計ノリノリでしたよね。

体感したからこそゲームに盛り込めることも多々あるのです

第五回へつづく・・・・・・・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加