menu

PS2アーカイブス

スペシャルインタビュー「風雲 幕末伝」第三回

2014年4月
元気株式会社ではPS2アーカイブスでのタイトル販売を始めます。

2000年代、元気では16タイトルのPlayStation(R) 2のソフトウェアをリリースしました。
そのタイトルのうちいくつかをPS2アーカイブスで再販売いたします。
そしてそのタイトルに合わせ、開発者や営業担当などの昔話を連載記事に仕立ててみることにしました。

途中で方針が変わるかもしれませんが、それはそれでご容赦ください。
また、リリースしてほしいタイトルありましたら、元気公式twitterアカウント「@Genki_official」までご連絡ください。
中の人(はまち)が時折ツイートしてみますね。

剣豪2

風雲 幕末伝

■発売日 2005年1月20日
■ジャンル 本格歴史アクション
■著作権表記
(C)2005 GENKI
(C)2003 Konami Computer Entertainment Japan.Illustrated by Yoji Shinkawa.
■ゲーム概要
「風雲 幕末伝」は幕末の日本を舞台にした本格歴史アクションゲームです。
前作「風雲 新撰組」のゲームシステムをベースに新撰組だけでなく幕末の動乱の流れを完全収録しました。
今作では、佐幕、倒幕それぞれの立場でのプレイが可能になりますので、幕末という時代の流れをより強く体感することができます。
「桜田門外の変」から「池田屋事変」、「禁門の変」、「薩長同盟」、「長州征伐」等歴史的に有名なエピソードを完全網羅。

PS2アーカイブス

■発売日 2014年12月17日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 : PlayStation.com
販売ページ:SENオンラインストア

スタッフ/奥野
■元気株式会社:プログラマ
■経歴:
新卒でプログラマとして入社。関わったタイトルが初めて世に出たのはなんと2年半後。
「新撰組」ではゲームの基本プログラムを担当しながら敵キャラクタとしてデビュー。
「幕末伝」以降はメインプログラマとして、DSからアーケードゲームまで様々なタイトルに関わる。

インタビュアー:はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■経歴:
元気のゲーム事業部でなんかいろんなことをしてる人。元番組制作会社のAD。元本屋さん。元ゲーム屋さん。
元気公式twitterアカウントでおもいついたことをツイートしてます。

より良いものを作り上げるためにはときにアグレッシブに

はまち:
前回、お伺いしたときに判明したんですけど、今野さん(スペシャルインタビュー「風雲 新撰組」参照)ってずっとプランナーだと思ってたんですよ。プログラマーだったんですね。
奥野:
一応ね。
はまち:
一応?
奥野:
でもねぇ、あのまぁ風雲 幕末伝(以下、「幕末伝」)の時はプログラムやって無かったですね。
はまち:
そうですね。そう聞いてます。
奥野:
で、風雲 新撰組(以下、「新撰組」)の時もプログラムはやってましたけど、あの時ねぇ僕が割と若かったからなのかなぁ。
はまち:
ほう。
奥野:
すごい僕がやってた感じがあって。
はまち:
そうですよね。
奥野:
個人的にはね。
はまち:
はいはいはい。
奥野:
実は、今野さんは多分覚えてると思うんだけど、割りと印象に残っているエピソードがあって。敵の戦闘中か何かのアルゴリズムで、そこをもともと今野さんがやってたんですよ。
はまち:
はい。
奥野:
ですけど、僕が「絶対こうした方がいい」って思って。
はまち:
はい。
奥野:
夜中に勝手になおしたところがある。
はまち:
えっ!?相談なしに?
奥野:
(うなずいて)今野さんにちょー怒られた。
一同:
爆笑
奥野:
「何勝手にやってんだよ。」と。
はまち:
それ、結果としてどうなったんですか?
奥野:
結果としてねぇ、まぁあのー「そういうことはやっちゃだめだ」って話はされたけど、やったこと自体はまぁ悪くないんで、実際にはそっちの仕様に変えてもらって。
はまち:
要は「話は通してから実装しろ」ってことに対して怒られて・・・・。
奥野:
そうそうそう。「何勝手にやってんだよ。」って。
はまち:
すげぇ怒られたと。
奥野:
で、いろいろくどくどとこっちも説明して、こういうのやりたいからやったんだよみたいな話をして・・・・。
はまち:
若いなー。若い!
奥野:
そうだよね。ですよね。今思うとね。
はまち:
奥野さんその時いくつだったんですか?
奥野:
20代後半とか。
はまち:
猛ってたんですねぇ(笑)。そーかーいやいやいや。えぇー・・・・・。
奥野:
結局、このあとバトルは自分に任せてもらえることになって、第二回にもあったような苦労話に発展していくんですが、今思うとそんぐらい噛みつくような奴じゃないとのし上がれないなとは思いますね。
はまち:
どうですか?今、ウチの会社に居ますか?そういうヤツは。
奥野:
僕が関わってる範囲しかわからないですが、ちょびっとは。
---以下、具体的なスタッフの名前が数人あがる---
奥野:
そうやって噛みついてきてくれるくらいじゃないと引っ張り上げにくい。
はまち:
そういう若手が来たときはアレですね、当時の今野さんみたいな気持ちで(笑)。
奥野:
そう。来た来た!っと。
はまち:
「あぁー俺もそうだったな」って思うんですね(笑)。
奥野:
僕はね、自分がそういうので今野さんからメインプログラマーに指名してもらったってのもあったので、まぁ言ってきてもらえる方が逆にありがたいと思って今リーダーやってますけどね。
はまち:
なるほどなぁ、いやー大変だなぁ・・・。プログラムは全然分かんないんで。もうねぇ、尊敬するんですよみなさんを。毎日、英語書いてるし。
一同:
(笑)
奥野:
まぁ、英語書いてる感覚はないんですよ。英単語なだけで・・・・構文とかはありますけど。
はまち:
計算式書いてるような感じですか?
奥野:
アルゴリズムですね。計算ともまたちょっと違うんですよね。
はまち:
へぇー・・・・・。
奥野:
ままま、最終的にはコンピューターによって計算されてるんだけど・・・・・。
はまち:
ほぉー。もうここの段階で「へぇー」「ほぉー」言ってる時点で全然理解してないのがバレバレなんですけど。
奥野:
まぁ、データ設計とかいろいろありますからね。一概には言えないんですけどね。

とがってみたら意外と受け入れられることも多いのが我が社です

奥野さん、実は特許を取得して社員全員の前で表彰されたことがあります

はまち:
「幕末伝」において奥野さんというと、殺されたのと、もう一つが実は特許を取ってるという事実。
奥野:
あぁあぁはいはい。これねぇ、本当に何かあんまり自慢げに話すような内容じゃないんだけど・・・・・。
はまち:
はい。
奥野:
たまたま、当時の役員から指示があって・・・・・。
はまち:
えぇ。
奥野:
ソフトウェア作ったら、何か特殊な技術を使っているとか、独自のアイディアとかあったら、どんどん特許取れみたいなお達しがあって・・・・・。
はまち:
はぁー・・・・・。
奥野:
で、「幕末伝」だと何があるかねぇ・・・・っていって探してあったヤツなんですよね。
はまち:
あれー・・・・・でも、表彰というか特許取れて、全体会議のところで発表・・・・・
奥野:
ありましたねぇ。
はまち:
それ、この今の中野坂上のオフィスですよね。
奥野:
こっちに移転して来てからでしたっけ?
はまち:
じゃなかったでした?
奥野:
申請は、たぶん前の新大久保ビルの時にやってたんだけど、申請が通って特許と認められたのがずいぶん後だったんだっけ。
はまち:
ですよね。
奥野:
うーん・・・・結構、忘れたころにね。金一封とかもらっちゃってね。
はまち:
おめでとうございます。(笑)
奥野:
ひゃっほう!
はまち:
あれ、いくら入ってたんですか?
奥野:
えーと、携帯ゲーム機が買えるくらいだったかな。
はまち:
シケてるな。
一同:
(笑)
奥野:
なんでしょうね。特許取ると幾らというのは青色発光ダイオードとあんまり変わんない。
一同:
爆笑
奥野:
もし僕が考えたのが、他のゲームも使いたいとか言って会社の利益に貢献したならねぇ・・・・・僕ももう少し文句言うかもしれない(笑)。
はまち:
そうかぁ。具体的に言うとどういう技術なんですか。
奥野:
いや、ホントねそんな大したアレじゃないんですよ。例えば協力プレイだと、やっぱ二人同時に画面に居なきゃいけないじゃないですか。
はまち:
はい。
奥野:
それを上手に画面内に収める技術・・・・・みたいな。
はまち:
それはカメラが引くとかじゃなくて?
奥野:
カメラも多少は引いたりもするんだけど、カメラ自体も二人を中心にとらえて動かなきゃいけないんで。
はまち:
なるほどなるほど。
奥野:
その制御技術ですね。
はまち:
はぁー。
奥野:
二人が離れすぎたらお互い引き寄せられるように戻るんです。投げ飛ばされたりしても、その制御が効いている分にはその場でグルン、バタンってなったりする。
はまち:
なるほどー。それはもう、ゲームを成立させるために作ったものだと・・・・具体的にこの技術がつかわれたのってどの場面なんですか?
奥野:
「幕末伝」で本編のほかに「挑戦」モードってのがあるんですけど・・・・。
はまち:
はい。
奥野:
ひとりで挑戦していく「強敵」とか「百人斬り」とかあるんだけど、協力プレイの「挑戦」モードもあるんですよ。
はまち:
はいはいはい。複数人でやるときにてんでバラバラに移動しちゃうと際限なく大変なことになっちゃうから・・・・・。
奥野:
もともと仕切られてた格闘場とかだったらまぁ問題ないんだけど、どっかの山道を舞台にしたミッションがあって、たしかそれに使ってましたね。
はまち:
なるほど。割とアレですね、メインじゃないところだったんですね。
奥野:
そうなんですよ!だからねぇ、探したんですよ。特許取れそうなの無いかって・・・・・。
はまち:
(攻略本を開いて)コレですね。
奥野:
それそれ。「対戦」と「挑戦」で・・・・・「対戦」モードはもともと道場だったんで、「新撰組」では必要なかったんだけど、「幕末伝」は「挑戦」モードで山道を行くミッションがあって・・・・・。
はまち:
あぁ・・・ありますね。「突破」とか、「殲滅」とか。
奥野:
そうそうそう。それ用に作ったんですね。
はまち:
なるほどぉ。
奥野:
特許って書類の書き方も特殊だったり、言い回しも独特だったりするんで。僕らは普通に人に説明する文章で書くんだけど、特許の専門の書類を作る人が文章を起こしてくれて見せられたんだけど・・・・・ポカーンって。自分で書いてたものがこうなってかえってきたけど・・・・・。
はまち:
あれ?オレの書いた文章どれだ?みたいな。
奥野:
よくわかんないみたいなね。
はまち:
でも、いい経験しましたね。
奥野:
そう。なかなかないですからね、特許。自分で取りに行くってねぇ、お金もかかるしね。どうやって取ったらいいんだろうっていうのもあるから。
はまち:
いやーそうだよなぁ・・・・・。(特許の件は)全社員集会でたちどころに知るところになったから、どんなもんなんだろうって思ってたんですけど・・・・・。
奥野:
意外とそんなね大層なもんじゃない(笑)。
はまち:
なるほどぉ。

置いてけぼりにならなくてすむのですね
奥野:
実は。特許については今回は聞きたいって言われたから一応用意はしたけど・・・・・。
はまち:
思い出したけど。
奥野:
ついこの前まで僕の机の後ろに書類とか貼ってたんですよ。
はまち:
ありましたよね!
奥野:
恥ずかしかったから、はずしちゃった。
はまち:
え?なんで(笑)?いいじゃないですか。
奥野:
いつまで貼ってるんだ?コレって副事業部長に言われて。
はまち:
いつまで貼ってるのかっていえば、あれですよ。車のモデリングのやつとか、日に焼けちゃってるでしょ!
奥野:
いやいやいや。あれはもう!クルマやってますチームとしてはスピリットですから!
はまち:
あれ、もうちょっといいヤツまた印刷しません?
奥野:
あ、そうですね。それはいいかもしれません。
はまち:
印刷屋さんにお願いしてキレイに。
奥野:
首都高っぽいヤツがいいかもしれない。
はまち:
ぜひぜひ。

きちんと印刷してフレームに入れましょうね

第四回へつづく・・・・・・・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加