menu

PS2アーカイブス

スペシャルインタビュー「風雲 幕末伝」第一回

2014年4月
元気株式会社ではPS2アーカイブスでのタイトル販売を始めます。

2000年代、元気では16タイトルのPlayStation(R) 2のソフトウェアをリリースしました。
そのタイトルのうちいくつかをPS2アーカイブスで再販売いたします。
そしてそのタイトルに合わせ、開発者や営業担当などの昔話を連載記事に仕立ててみることにしました。

途中で方針が変わるかもしれませんが、それはそれでご容赦ください。
また、リリースしてほしいタイトルありましたら、元気公式twitterアカウント「@Genki_official」までご連絡ください。
中の人(はまち)が時折ツイートしてみますね。

剣豪2

風雲 幕末伝

■発売日 2005年1月20日
■ジャンル 本格歴史アクション
■著作権表記
(C)2005 GENKI
(C)2003 Konami Computer Entertainment Japan.Illustrated by Yoji Shinkawa.
■ゲーム概要
「風雲 幕末伝」は幕末の日本を舞台にした本格歴史アクションゲームです。
前作「風雲 新撰組」のゲームシステムをベースに新撰組だけでなく幕末の動乱の流れを完全収録しました。
今作では、佐幕、倒幕それぞれの立場でのプレイが可能になりますので、幕末という時代の流れをより強く体感することができます。
「桜田門外の変」から「池田屋事変」、「禁門の変」、「薩長同盟」、「長州征伐」等歴史的に有名なエピソードを完全網羅。

PS2アーカイブス

■発売日 2014年12月17日
■販売価格 1,200円(税込)
■URL 商品紹介 : PlayStation.com
販売ページ:SENオンラインストア

スタッフ/奥野
■元気株式会社:プログラマ
■経歴:
新卒でプログラマとして入社。関わったタイトルが初めて世に出たのはなんと2年半後。
「新撰組」ではゲームの基本プログラムを担当しながら敵キャラクタとしてデビュー。
「幕末伝」以降はメインプログラマとして、DSからアーケードゲームまで様々なタイトルに関わる。

インタビュアー:はまち
■元気株式会社:なりゆきで広報
■経歴:
元気のゲーム事業部でなんかいろんなことをしてる人。元番組制作会社のAD。元本屋さん。元ゲーム屋さん。
元気公式twitterアカウントでおもいついたことをツイートしてます。

インタビューに臨むモチベーションというのは各々違うようです

はまち:
それでは、PS2アーカイブス第五弾、「風雲 幕末伝」(以下、「幕末伝」)リリースということでプログラマの奥野さんにお時間頂きました。
奥野:
今野さん(「風雲 新撰組」インタビュー参照)からこんなネタ帳を頂きましたよ。
はまち:
ネタ帳ときましたか!
奥野:
僕もしゃべりたい事とかまとめてきました。
はまち:
そんなにもう(記憶が)忘却の彼方って感じですか?
奥野:
忘却の彼方ですよ。だってもう、十年前ですよ!
はまち:
そうですよねぇ・・・・・。
奥野:
極端に語り草になっているやつ以外は・・・・なんか忘れてましたね。言われたら思い出すんだけど・・・・・。

ネタ帳持参ありがとうございます!

そんな中でも忘れられない、あのネタについてお伺いしましたよ

はまち:
その、極端に語り草っていうのは・・・・・。
奥野:
僕がすごいいっぱい殺されたとか。
はまち:
そうそうそう。まずはそこを聞きたいんですよ(笑)。
奥野:
あとは京都旅行に行ったりとかですね。
はまち:
なるほど・・・・えーと・・・・じゃあまず前者から。ゲーム中に奥野さんがモデルのキャラが敵キャラとして登場するんですよね。ということは販売本数から言うとエライ殺されたんですけど、感想を聞いてイイですか?
奥野:
うーん・・・・どうなんだろうね。まぁ、悪い気はしない。
一同:
(笑)
奥野:
殺されたいとかいじめられたいとかじゃないんだけど、まぁ・・・・・・
悪い気はしない。(笑)
はまち:
そうなんですか。(笑)
奥野:
だって、絶対出るんですからね。
はまち:
そうですよね。風雲 新撰組(以下、「新撰組」)の時は隠しキャラでもなんでもないですもんね。
奥野:
そうです。まず、最初にチュートリアルで出るっていうね。
はまち:
一番最初に殺される役ですからね(笑)。
奥野:
(苦笑)
ちなみに、「幕末伝」だとお兄さん役になってます。
はまち:
お兄さん?
奥野:
はい、一応。
「新撰組」の時は賢二郎で。自分の名前「賢二」から取ってるんで賢二郎って名前だったんだけど、「幕末伝」の時は賢一郎って名前に代わってて・・・・・。
はまち:
ほうほう。
奥野:
一応、お兄さん設定なのかな。
はまち:
えっと・・・・・敵で出るんですか?
奥野:
そっちも・・・・そうね。倒幕派です。
はまち:
ほぉーーー。
奥野:
今回は人によっては会わないで終わっちゃう人もいるかも。
そのかわり任務でイベントを上手くやるとレアアイテムがゲットできるんですよ。
はまち:
そうなんですか!
あれ、イベントといえば結構面倒くさかったですよね。「新撰組」および「幕末伝」は。
奥野:
そうそうそう。あのねぇ、いろいろメモしてきた中から言うとね。面倒くさかったのが「尾行」の任務。
はまち:
「尾行」はねぇ・・・・・。
はまち:
本当に面倒くさい(笑)。
奥野:
作る方も大変だったんですけど・・・・・。
はまち:
あれは、コントローラーの左スティックをいい感じで倒すんですよね。
奥野:
操作のところは、まだいい加減なんだけど・・・・アレで難易度が相当上がった。
やっぱり、指定したルートで要人が通るとか、プレイヤーにちゃんと反応して逃げ始めるとか、その辺のAIを作るのが結構大変でした。
はまち:
(伊東)甲子太郎のヤツも尾行任務ですよね。
奥野:
そうそうそう。気づかれずにちょっとずつやるヤツだったね。

なかには「尾行される」任務もあるようです。

せっかくなのでネタ帳を活用したいと思いますよ

WEB担:
今野さんが作ってくれたっていうネタ帳が・・・・・。(レフ版で隠れて見られなくなる。)
奥野:
僕が作った分と2つあって、今野さんの作ったほうが物量が多いんですよ(笑)。
はまち:
うーわ、こんなに書いてあるよ。いやいやいや。
奥野:
絶対言ってほしいって書いてあるヤツ。それはちゃんと言ってもいいですか?
はまち:
いいですよ。絶対言ってほしいってなんですか?
奥野:
まず、僕が出てる「新撰組」発売後に新撰組ブームが来たんで、いろんな関連書籍出るじゃないですか。
はまち:
はいはい。出ました。
奥野:
そうすると「ゲーム化もしてます」って中に、いろんな幕末の偉人や志士たちが登場ってところの例の中になんでだか僕の名前が入ってるんですよ!
一同:
(笑)
奥野:
それが一番びっくり。しかもそれ、ドラマに関したムックで・・・・・。
はまち:
もっと分かってる名前いるだろうって・・・・・。
奥野:
たしかに、なんでオレ選んでるんだろうって(笑)。ありましたね。
はまち:
わりと、こちらが作ったニュースリリースの文章まんま載りますからね。
奥野:
送る時点で気を使っておかないといけないんですね。

パワーアップしたポイントは、こだわりぬいたスタッフによるものでした

はまち:
「幕末伝」って売る前から結構な気合でしたよね。
奥野:
そうなんですよね。たぶん、「新撰組」がすごいヒットしたっていうのもあるけど、かなり気合を入れて作ってますね。
はまち:
ふーん。
奥野:
実際ゲームの出来もだいぶ良くなってるはず。
はまち:
相当、良くなってますよ。
奥野:
遊びやすくもなったし、特にねぇ「コレ」(ネタ帳の)言ってほしい項目に入ってるんだけどイベントがフルボイスになったりとか。
あと、Sさん覚えてます?デザイナーのSさん。
はまち:
Sさん????
奥野:
イベントシーンを作ってたSさんですね。漫画家さんから、ゲーム業界に転向してきた方。
はまち:
へー・・・・・居たような気が・・・・・。
奥野:
そのSさんが、すっごいこだわりぬいてイベントシーンを作っていたんで。全編にわたって、作ってましたね。
はまち:
わりとそのー、キャラクタの動きで演技が弱いところって新撰組の時にあったと思うんですね。あと、剣豪とかも。
奥野:
そうだね。表情も変わらなかったしね。
はまち:
そういう意味では動いて話をするって意味では、だいぶ増強されてて・・・・。
奥野:
手のモデルとかも「演出に絶対要るから」って、その人が作っちゃったりとか。
はまち:
ほうほう。
奥野:
小物系でも・・・・たとえば手紙とか「このシーンで要るから」ってゲームでは出ないのに、要るから、要るからってドンドン作って・・・・・盛り込んでってやっていって、見栄えのするイベントシーンができていったんです。
はまち:
ということは「新撰組」の時に使っていたモデルと「幕末伝」のモデルとでは、一年も経っていないですけど、相当・・・・違うんですか?
奥野:
たぶん、結構違いますね。作ったものの幅広さとも全然違いますし。
「新撰組」では最初に作ったやつをとにかくあんまり変えずになるべく使いまわして使ってたんですよ。でも「幕末伝」ではSさんすごいこだわるんで、誰々の何シーン用の顔モデルとか色々あったんですよ。
はまち:
そ、そんなに。
奥野:
うん。手とかも専用のモデルで。
はまち:
へぇー!
奥野:
色々作ってましたよ。パーにしなきゃいけないところやグーにしなきゃいけないところとか。
はまち:
幕末伝はドラマ性が格段に違いますもんね。
奥野:
そうそう。

細かい仕草が自然になってます
にやり感もバツグンです

連載1回目にしてもはや、エンディングの話をし出してますよ

はまち:
たしかに演出に一役買ってましたよね。それは。
「幕末伝」、エンディングがものすごい泣けるんですよ。
一同:
(笑)
奥野:
倒幕編も最後ショッキングだし、佐幕編は最後100人斬りじゃないけどわーっと攻めてくるのを全部倒して・・・・。
はまち:
えぇ、そこの人(WEB担)がですね、箱館の面が・・・・
WEB担:
えぇ、えげつないですね。あの面は・・・・・・・苦労しました。
一同:
(笑)
はまち:
なんであんなに殺さなきゃならんの?と。
WEB担:
本当ですよ!無理でしょ!って半分怒りながらやってましたよ。
奥野:
・・・・まぁ最終面ですからね。そのくらい手ごたえがないと。
はまち:
最後に言われるセリフに関しては、ぜひプレイしてもらって。
奥野:
そうそう。アレは本当によくできてる!シナリオも。
はまち:
ゲームクリアしたとき亥の一番に今野さんに話に行ったら、今野さんが「言われてうれしかったでしょ」って・・・・・。
一同:
(笑)
奥野:
ですよねぇ・・・・。
はまち:
はかない感じのエンディングで。よくできてましたよね。
奥野:
ホントにねぇ。

名ゼリフの数々を思い出し(たぶん)しみじみする奥野

第二回へつづく・・・・・・・・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加